海外FX人気優良業者 比較ランキング 2019年版

海外FX口座開設におススメの比較ランキング!海外FX優良業者はAXORY,TitanFX,XM,Land-FX,TradeView!億り人海外FX専業トレーダーが案内するこの5業社で決まり!信頼度と利用実績から見る海外FX人気業者ランキング。安心安全に利用出来る海外FXブローカー。

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第1位

1位 XMトレーディング(XMTRADING)

海外FX比較ランキング1位はXMTRADING(XMTRADING)

口座タイプ スタンダード口座,マイクロ口座,ZERO口座(ECN)
プラットフォーム MT4,MT5(WINDOWS,Mac,Android,iOS対応), MT4,MT5ウェブトレーダー
レバレッジ スタンダード,マイクロ口座は最大888倍 ZERO口座は最大500倍(※口座残高によるレバレッジ規制あり。残高2万ドル相当以上200倍,10万ドル相当以上100倍)
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア57種,コモディティ8種,貴金属4種,エネルギー5種,株価指数30種
ボーナス 口座開設ボーナス3000円,,入金ボーナス(500ドルに対して100%,4500ドルに対して20%,BITWALLET入金に対して2000ドルまで10%),トレード毎に貰えるXMP(※ZERO口座は口座開設ボーナス以外は対象外不適用。)
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,JCB)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,JCB),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス セーシェル金融庁

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第2位

2位 TitanFX

海外FXランキング2位TitanFX(タイタンFX)
口座タイプ スタンダード口座,ブレード口座(ECN)
プラットフォーム MT4(PC,Mac,Android,iOS対応),Titan FX Webトレーダー
レバレッジ スタンダード口座,ブレード口座ともに最大500倍
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄(FOREX,CFD) 通貨ペア63種,貴金属4種,エネルギー2種,株価指数9種
ボーナス ボーナスなし。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,Mastercard),国内銀行送金,海外電信送金(ワイヤー送金)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,Mastercard),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP),バヌアツ共和国金融庁(VFSC)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第3位

3位 AXIORY

海外FX比較ランキング3位AXIORY(アキシオリー)
口座タイプ スタンダード口座,ナノスプレッド口座(ECN)
プラットフォーム MT4,,cTrader, AxioryWebtrader他
レバレッジ スタンダード口座,ナノスプレッド口座ともに最大400倍
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア61種,コモディティ8種,貴金属4種,エネルギー2種,株価指数10種
ボーナス 基本的にはボーナスなし。過去にイベント・キャンペーン等により実施された経歴あり。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス ベリーズ国際金融サービス委員会 (IFSC)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第4位

4位 トレードビュー(Tradeview)

海外FX比較ランキング4位はTRADEVIEW(トレードビュー)
口座タイプ スタンダード口座,ILC口座(ECN)
プラットフォーム MT4,cTrader,Currenex
レバレッジ スタンダード最大400倍 ILC口座は最大200倍(デフォルトでは100倍設定、申請が必要。)
ロスカットレベル 維持率100%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア40種
ボーナス ボーナスなし。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,MasterCard,JCB),スティックペイ,エコペイズ,海外電信送金(ワイヤー送金)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,MasterCard,JCB),スティックペイ,エコペイズ,海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス CIMA(ケイマン諸島金融庁)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第5位

最近の投稿

FX

海外FX比較|海外FXをやる時に…。

投稿日:

利用者の多い海外FX会社ランキング

システムトレードというものについては、そのソフトとそれを間違えずに稼働してくれるパソコンが高額だったため、ひと昔前までは一定のお金を持っている投資プレイヤーだけが行なっていました。
買いポジションと売りポジションを同時に保持すると、円高・円安のどちらに振れても収益を出すことが可能なわけですが、リスク管理の点から言うと、2倍気を回す必要が出てくるはずです。
売買価格にいくらかの差を設定するスプレッドは、FX会社の他に銀行においても別の名前で導入されております。しかも驚くでしょうが、その手数料たるや海外FX会社のおよそ200倍というところが結構存在します。
海外FXをやる時に、我が国以外の通貨を日本円で買いますと、金利差に見合うスワップポイントが付与されますが、高い金利設定の通貨で低い通貨を買うといった時は、残念ながらスワップポイントを払う必要が出てきます。
「忙しくて昼間の時間帯にチャートをウォッチするなどということはできない」、「大切な経済指標などを適時適切に確かめられない」というような方でも、スイングトレードだったらそんな必要がありません。

海外FX会社各々に特徴があり、強みがあったり弱点があったりするのが当然なので、経験の浅い人は、「どの様な海外FX業者で海外FX口座開設をすれば間違いないのか?」などと頭を悩ましてしまうと思います。
「売り・買い」に関しては、一切自動的に展開されるシステムトレードですが、システムの修復は定期的に行なうことが必須で、その為には相場観を持つことが肝心だと思います。
海外FX取引におきまして、一番取り組む人が多い取引スタイルだと指摘されているのが「デイトレード」なのです。その日に得ることができる利益をきちんと押さえるというのが、このトレードの進め方だと言えます。
スイングトレードのメリットは、「絶えずパソコンから離れることなく、為替レートを確認する必要がない」という点だと言え、仕事で忙しい人に適したトレード法だと言って間違いありません。
「デモトレードを何度やろうとも、実際のお金が動いていないので、精神面での経験を積むことが非常に難しい!」、「自分で稼いだお金でトレードしてみて、初めて経験が積めると言えるのだ!」という声も多いです。

レバレッジと申しますのは、納入した証拠金を元手に、最大その証拠金の25倍の売買が認められるというシステムのことを指します。1つの例を挙げますと、50万円の証拠金でもって20倍のレバレッジをかけますと、1000万円のトレードが可能だというわけです。
スイングトレードに関しては、一日一日のトレンドに左右される短期売買と違って、「ここ数日~数ヶ月為替がどのような動きを見せてきたか?」といった分析が大事になるトレード法だと言えます。
海外FX口座開設の申し込みを済ませ、審査に通ったら「IDとPW」が郵送されてくるというのが基本的な流れではありますが、一握りの海外FX会社はTELを利用して「内容確認」をします。
一例として1円の値動きだとしましても、レバレッジ1倍ならば1万円の損益になるわけですが、10倍の時は10万円の損益になるわけです。結論として「レバレッジを欲張るほど損失が出る危険性も高まる」のです。
スキャルピング売買方法は、どっちかと言うと想定しやすい中長期の経済指標などは無視をして、どっちに転ぶか分からない勝負を瞬時に、かつ限りなく継続するというようなものです。

信頼・実績の人気の海外FX業者

儲かる稼げるアフィリエイトジャンルは海外FX

-FX

Copyright© 海外FX人気優良業者 比較ランキング 2019年版 , 2019 All Rights Reserved.