海外FX人気優良業者 比較ランキング 2019年版

海外FX口座開設におススメの比較ランキング!海外FX優良業者はAXORY,TitanFX,XM,Land-FX,TradeView!億り人海外FX専業トレーダーが案内するこの5業社で決まり!信頼度と利用実績から見る海外FX人気業者ランキング。安心安全に利用出来る海外FXブローカー。

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第1位

1位 XMトレーディング(XMTRADING)

海外FX比較ランキング1位はXMTRADING(XMTRADING)

口座タイプ スタンダード口座,マイクロ口座,ZERO口座(ECN)
プラットフォーム MT4,MT5(WINDOWS,Mac,Android,iOS対応), MT4,MT5ウェブトレーダー
レバレッジ スタンダード,マイクロ口座は最大888倍 ZERO口座は最大500倍(※口座残高によるレバレッジ規制あり。残高2万ドル相当以上200倍,10万ドル相当以上100倍)
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア57種,コモディティ8種,貴金属4種,エネルギー5種,株価指数30種
ボーナス 口座開設ボーナス3000円,,入金ボーナス(500ドルに対して100%,4500ドルに対して20%,BITWALLET入金に対して2000ドルまで10%),トレード毎に貰えるXMP(※ZERO口座は口座開設ボーナス以外は対象外不適用。)
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,JCB)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,JCB),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス セーシェル金融庁

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第2位

2位 TitanFX

海外FXランキング2位TitanFX(タイタンFX)
口座タイプ スタンダード口座,ブレード口座(ECN)
プラットフォーム MT4(PC,Mac,Android,iOS対応),Titan FX Webトレーダー
レバレッジ スタンダード口座,ブレード口座ともに最大500倍
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄(FOREX,CFD) 通貨ペア63種,貴金属4種,エネルギー2種,株価指数9種
ボーナス ボーナスなし。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,Mastercard),国内銀行送金,海外電信送金(ワイヤー送金)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,Mastercard),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP),バヌアツ共和国金融庁(VFSC)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第3位

3位 AXIORY

海外FX比較ランキング3位AXIORY(アキシオリー)
口座タイプ スタンダード口座,ナノスプレッド口座(ECN)
プラットフォーム MT4,,cTrader, AxioryWebtrader他
レバレッジ スタンダード口座,ナノスプレッド口座ともに最大400倍
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア61種,コモディティ8種,貴金属4種,エネルギー2種,株価指数10種
ボーナス 基本的にはボーナスなし。過去にイベント・キャンペーン等により実施された経歴あり。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス ベリーズ国際金融サービス委員会 (IFSC)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第4位

4位 トレードビュー(Tradeview)

海外FX比較ランキング4位はTRADEVIEW(トレードビュー)
口座タイプ スタンダード口座,ILC口座(ECN)
プラットフォーム MT4,cTrader,Currenex
レバレッジ スタンダード最大400倍 ILC口座は最大200倍(デフォルトでは100倍設定、申請が必要。)
ロスカットレベル 維持率100%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア40種
ボーナス ボーナスなし。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,MasterCard,JCB),スティックペイ,エコペイズ,海外電信送金(ワイヤー送金)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,MasterCard,JCB),スティックペイ,エコペイズ,海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス CIMA(ケイマン諸島金融庁)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第5位

最近の投稿

FX

海外FX比較|買いと売りの両ポジションを同時に保有すると…。

投稿日:

デイトレードというのは、スキャルピングの売りと買いの時間的な間隔をいくらか長くしたもので、だいたい数時間程度から24時間以内に売買を終えてしまうトレードだと理解されています。
この頃は、いずれの海外FX会社も売買手数料は無料となっておりますが、別途スプレッドがあり、それが現実の海外FX会社の収益だと考えていいのです。
「デモトレードをいくらやろうとも、現実的な被害はないので、メンタル上の経験を積むことは無理だ!」、「ご自身のお金でトレードをしてみてこそ、初めて経験を積むことができるわけだ!」と言われる方も少なくはありません。
海外FX取引を展開する中で出てくるスワップと言われるものは、外貨預金で言うところの「金利」だと思っていいでしょう。けれども完全に違う部分があり、スワップという「金利」は「受け取るだけじゃなく取られることもある」のです。
5000米ドルを買って保有したままになっている状態のことを、「5000米ドルの買いポジションを持っている」というふうに言います。もちろんドル高へと進んだ時には、売り決済をして利益をゲットします。

システムトレードにつきましても、新たに「買い」を入れるという状況で、証拠金余力が最低証拠金額を上回っていない場合は、新たに「売り・買い」を入れることはできないことになっているのです。
為替の傾向も読み取ることができない状態での短期取引となれば、あまりにも危険です。何と言っても、ある程度のテクニックと経験が物を言いますから、経験の浅い人にはスキャルピングはおすすめできないですね。
スキャルピングに関しては、本当に短時間の値動きを利用するということが前提ですから、値動きが顕著であることと、「買い」と「売り」の回数がかなりの数になりますので、取引に掛かる経費が少ない通貨ペアをターゲットにすることが大事だと考えます。
「デモトレードを実施してみて利益をあげることができた」と言われても、現実のリアルトレードで収益を出せるとは限らないのです。デモトレードの場合は、どう頑張ってもゲーム感覚を拭い去れません。
MT4で作動する自動取引プログラム(略名:EA)の製作者は全世界のさまざまな国に存在しており、現在のEAの運用状況ないしは感想などを視野に入れて、新たな自動売買ソフトの製作に取り組んでいるのです。

レバレッジと呼ばれているものは、FXにおきまして当然のように用いられるシステムだとされていますが、手持ち資金以上の「売り・買い」をすることができますから、僅かな額の証拠金で多額の収入を得ることも期待することが可能です。
スワップポイントに関しては、「金利の差額」だと説明可能ですが、本当に付与されるスワップポイントは、海外FX会社の儲けとなる手数料をマイナスした額だと考えてください。
スイングトレードを行なうと言うのなら、いくら短いとしても数日間、長期ということになると何カ月にも亘るというトレードになる為、連日放送されているニュースなどを見ながら、それ以降の時代の流れを推測し投資することができます。
買いと売りの両ポジションを同時に保有すると、為替がどっちに動いても収益をあげることができると言うことができますが、リスク管理の面では2倍気を配ることになるでしょう。
スイングトレードで利益をあげるためには、それ相応の取り引きの仕方があるのですが、それに関してもスイングトレードの基本を押さえていることが必須です。とにもかくにもスイングトレードの基本をマスターしましょう。

-FX

Copyright© 海外FX人気優良業者 比較ランキング 2019年版 , 2019 All Rights Reserved.