海外FX人気優良業者 比較ランキング 2019年版

海外FX口座開設におススメの比較ランキング!海外FX優良業者はAXORY,TitanFX,XM,Land-FX,TradeView!億り人海外FX専業トレーダーが案内するこの5業社で決まり!信頼度と利用実績から見る海外FX人気業者ランキング。安心安全に利用出来る海外FXブローカー。

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第1位

1位 XMトレーディング(XMTRADING)

海外FX比較ランキング1位はXMTRADING(XMTRADING)

口座タイプ スタンダード口座,マイクロ口座,ZERO口座(ECN)
プラットフォーム MT4,MT5(WINDOWS,Mac,Android,iOS対応), MT4,MT5ウェブトレーダー
レバレッジ スタンダード,マイクロ口座は最大888倍 ZERO口座は最大500倍(※口座残高によるレバレッジ規制あり。残高2万ドル相当以上200倍,10万ドル相当以上100倍)
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア57種,コモディティ8種,貴金属4種,エネルギー5種,株価指数30種
ボーナス 口座開設ボーナス3000円,,入金ボーナス(500ドルに対して100%,4500ドルに対して20%,BITWALLET入金に対して2000ドルまで10%),トレード毎に貰えるXMP(※ZERO口座は口座開設ボーナス以外は対象外不適用。)
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,JCB)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,JCB),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス セーシェル金融庁

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第2位

2位 TitanFX

海外FXランキング2位TitanFX(タイタンFX)
口座タイプ スタンダード口座,ブレード口座(ECN)
プラットフォーム MT4(PC,Mac,Android,iOS対応),Titan FX Webトレーダー
レバレッジ スタンダード口座,ブレード口座ともに最大500倍
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄(FOREX,CFD) 通貨ペア63種,貴金属4種,エネルギー2種,株価指数9種
ボーナス ボーナスなし。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,Mastercard),国内銀行送金,海外電信送金(ワイヤー送金)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,Mastercard),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP),バヌアツ共和国金融庁(VFSC)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第3位

3位 AXIORY

海外FX比較ランキング3位AXIORY(アキシオリー)
口座タイプ スタンダード口座,ナノスプレッド口座(ECN)
プラットフォーム MT4,,cTrader, AxioryWebtrader他
レバレッジ スタンダード口座,ナノスプレッド口座ともに最大400倍
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア61種,コモディティ8種,貴金属4種,エネルギー2種,株価指数10種
ボーナス 基本的にはボーナスなし。過去にイベント・キャンペーン等により実施された経歴あり。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス ベリーズ国際金融サービス委員会 (IFSC)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第4位

4位 トレードビュー(Tradeview)

海外FX比較ランキング4位はTRADEVIEW(トレードビュー)
口座タイプ スタンダード口座,ILC口座(ECN)
プラットフォーム MT4,cTrader,Currenex
レバレッジ スタンダード最大400倍 ILC口座は最大200倍(デフォルトでは100倍設定、申請が必要。)
ロスカットレベル 維持率100%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア40種
ボーナス ボーナスなし。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,MasterCard,JCB),スティックペイ,エコペイズ,海外電信送金(ワイヤー送金)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,MasterCard,JCB),スティックペイ,エコペイズ,海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス CIMA(ケイマン諸島金融庁)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第5位

最近の投稿

FX

海外FX比較|海外FX開始前に…。

投稿日:

MT4に関しては、プレステとかファミコンなどの機器と一緒で、本体にプログラムされたソフトを差し込むことによって、ようやく海外FX取引を始めることができるわけです。
売り値と買い値に幾らかの違いを設けるスプレッドは、FX会社だけじゃなく銀行においても別の呼び名で設定されているのです。しかもとんでもないことに、その手数料というのが海外FX会社のおおよそ200倍というところが少なくないのです。
デイトレードとは、取引開始時刻から1日ポジションを保有するというトレードを意味するというわけではなく、実際はNYのマーケットが終了する前に決済を終えてしまうというトレードスタイルのことを言います。
レバレッジに関しては、FXに取り組む上で常に活用されるシステムだと言われますが、実際に捻出できる資金以上の取り引きができますので、少々の証拠金で物凄い収益を手にすることも望むことができます。
システムトレードにおきましては、EA(自動売買プログラム)によってテクニカルポイントに差し掛かった時に、システムが勝手に「売り・買い」をしてくれます。しかしながら、自動売買プログラムそのものは使用者が選ばなくてはなりません。

スキャルピングというのは、一度の売買で1円にもならないほんの小さな利幅を狙って、日々すごい数の取引を敢行して利益を取っていく、特異な売買手法です。
海外FX開始前に、差し当たり海外FX口座開設をしようと考えても、「どういった順序を踏めば開設することが可能なのか?」、「何に重点を置いて会社を選ぶべきか?」などと迷う人は多いです。
テクニカル分析には、大きく分類してふた通りあります。チャートの形で記された内容を「人間が自らの経験で分析する」というものと、「パーソナルコンピューターがオートマティックに分析する」というものになります。
通常、本番トレード環境とデモトレードの環境を対比させますと、前者の方が「1回のトレードごとに1ピップス前後利益が減る」と認識した方が正解だと考えます。
スプレッドと申しますのは外貨を売る時と買う時の価格差のことで、FX会社の収入になる売買手数料と同様なものですが、各社それぞれが個別にスプレッド幅を導入しているのです。

スキャルピングは、本当に短時間の値動きを捉える取引ですから、値動きがはっきりしていることと、「買い」と「売り」の回数が結構な数になりますので、取引を展開する際の必要経費が少ない通貨ペアを対象にすることが重要だと言えます。
システムトレードの一番の特長は、時として障害になる感情を捨て去ることができる点だと考えます。裁量トレードだと、どのようにしても自分の感情がトレード中に入ってしまうでしょう。
スイングトレードで儲けを出すためには、そうなるべく取り引きの進め方があるわけですが、それもスイングトレードの基本を押さえた上での話です。最優先でスイングトレードの基本をマスターすることを意識してください。
海外FXにつきましては、「外貨を売る」という状態から取引をスタートさせることもできるわけですが、このように外貨を保有することなく「外貨を売りっ放しの状態」のことも、「ポジションを持っている」ということになります。
デイトレードに取り組むと言っても、「一年中トレードを繰り返して利益をあげよう」などという考え方はお勧めできません。無茶な売買をして、期待とは裏腹に資金をなくしてしまうようでは必ず後悔することになります。

-FX

Copyright© 海外FX人気優良業者 比較ランキング 2019年版 , 2019 All Rights Reserved.