海外FX人気優良業者 比較ランキング 2019年版

海外FX口座開設におススメの比較ランキング!海外FX優良業者はAXORY,TitanFX,XM,Land-FX,TradeView!億り人海外FX専業トレーダーが案内するこの5業社で決まり!信頼度と利用実績から見る海外FX人気業者ランキング。安心安全に利用出来る海外FXブローカー。

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第1位

1位 XMトレーディング(XMTRADING)

海外FX比較ランキング1位はXMTRADING(XMTRADING)

口座タイプ スタンダード口座,マイクロ口座,ZERO口座(ECN)
プラットフォーム MT4,MT5(WINDOWS,Mac,Android,iOS対応), MT4,MT5ウェブトレーダー
レバレッジ スタンダード,マイクロ口座は最大888倍 ZERO口座は最大500倍(※口座残高によるレバレッジ規制あり。残高2万ドル相当以上200倍,10万ドル相当以上100倍)
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア57種,コモディティ8種,貴金属4種,エネルギー5種,株価指数30種
ボーナス 口座開設ボーナス3000円,,入金ボーナス(500ドルに対して100%,4500ドルに対して20%,BITWALLET入金に対して2000ドルまで10%),トレード毎に貰えるXMP(※ZERO口座は口座開設ボーナス以外は対象外不適用。)
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,JCB)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,JCB),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス セーシェル金融庁

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第2位

2位 TitanFX

海外FXランキング2位TitanFX(タイタンFX)
口座タイプ スタンダード口座,ブレード口座(ECN)
プラットフォーム MT4(PC,Mac,Android,iOS対応),Titan FX Webトレーダー
レバレッジ スタンダード口座,ブレード口座ともに最大500倍
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄(FOREX,CFD) 通貨ペア63種,貴金属4種,エネルギー2種,株価指数9種
ボーナス ボーナスなし。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,Mastercard),国内銀行送金,海外電信送金(ワイヤー送金)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,Mastercard),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP),バヌアツ共和国金融庁(VFSC)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第3位

3位 AXIORY

海外FX比較ランキング3位AXIORY(アキシオリー)
口座タイプ スタンダード口座,ナノスプレッド口座(ECN)
プラットフォーム MT4,,cTrader, AxioryWebtrader他
レバレッジ スタンダード口座,ナノスプレッド口座ともに最大400倍
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア61種,コモディティ8種,貴金属4種,エネルギー2種,株価指数10種
ボーナス 基本的にはボーナスなし。過去にイベント・キャンペーン等により実施された経歴あり。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス ベリーズ国際金融サービス委員会 (IFSC)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第4位

4位 トレードビュー(Tradeview)

海外FX比較ランキング4位はTRADEVIEW(トレードビュー)
口座タイプ スタンダード口座,ILC口座(ECN)
プラットフォーム MT4,cTrader,Currenex
レバレッジ スタンダード最大400倍 ILC口座は最大200倍(デフォルトでは100倍設定、申請が必要。)
ロスカットレベル 維持率100%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア40種
ボーナス ボーナスなし。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,MasterCard,JCB),スティックペイ,エコペイズ,海外電信送金(ワイヤー送金)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,MasterCard,JCB),スティックペイ,エコペイズ,海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス CIMA(ケイマン諸島金融庁)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第5位

最近の投稿

FX

海外FX比較|売買する時の価格に差を設けるスプレッドは…。

投稿日:

チャートをチェックする時に重要になるとされているのが、テクニカル分析なのです。このページにて、多数あるテクニカル分析方法を一つ一つ具体的にご案内しております。
レバレッジを有効活用すれば、証拠金が少ないとしてもその額の25倍までという売買に挑戦することができ、驚くような利益も狙うことができますが、それに付随するようにリスクも高くなるわけですから、慎重になってレバレッジ設定することが重要です。
海外FXに関する個人専用のレバレッジ倍率は、少し前までは最高が50倍だったので、「近年の最高25倍は決して高いとは言えない」と口にしている方に出くわすのも無理はありませんが、25倍でありましても満足な利益を得ることができます。
日本国内にも幾つもの海外FX会社があり、各々が独自性のあるサービスを行なっているわけです。それらのサービスで海外FX会社を海外FX比較ランキングで比較して、自分自身に相応しい海外FX会社を絞り込むことが何より大切になります。
スワップポイントに関しましては、「金利の差額」であると言われていますが、現実的にいただくことができるスワップポイントは、海外FX会社の収益である手数料を除いた金額となります。

僅かな金額の証拠金で大きな「売り・買い」が許されるレバレッジではありますが、考えている通りに値が変動すれば大きな儲けを得ることが可能ですが、反対になった場合は結構な被害を受けることになります。
FX会社の口座に入る収益はスプレッドにより生み出されるのですが、例を挙げればNZドルと日本円を売買する場合、FX会社はあなたに向けて、その海外通貨の買いと売りの為替レートを適用することになるのです。
スイングトレードをする場合に気を付けてほしいのですが、取引する画面から離れている時などに、突如としてとんでもない暴落などが生じた場合に対応できるように、予め何らかの対策をしておきませんと、後悔してもし切れないことになるやもしれません。
システムトレードであっても、新規に注文するという際に、証拠金余力が必要となる証拠金額を満たしていない場合は、新規に注文することはできない決まりです。
同じ種類の通貨の場合でも、海外FX会社が違えば付与されることになるスワップポイントは異なるのが普通だと言えます。各社のオフィシャルサイトなどで手堅くウォッチして、可能な限り得する会社をチョイスした方が良いでしょう。

5000米ドルを購入して所有したままになっている状態のことを、「5000米ドルの買いポジションを持っている!」というふうに言います。当然ですがドル高に振れた時には、直ぐ売却して利益を得るべきです。
売買する時の価格に差を設けるスプレッドは、FX会社だけじゃなく銀行でも別名で取り入れられているのです。しかもびっくりするかもしれませんが、その手数料たるや海外FX会社の大体200倍というところがかなり目に付きます。
海外FXで収入を得たいなら、海外FX会社を海外FX比較ランキングで比較することが大切で、その上でご自身に相応しい会社を見極めることが必要だと言えます。この海外FX会社を海外FX比較ランキングで比較する場合に欠くことができないポイントをレクチャーさせていただきます。
スワップというものは、「売り・買い」の対象となる2つの通貨の金利の違いから手にすることが可能な利益のことです。金額としましてはそれほど大きなものではないですが、日に1回付与されるようになっているので、すごくありがたい利益だと言えるでしょう。
我が国より海外の銀行金利の方が高いということが理由で、スワップ金利がもらえるのです。海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の差というものが、海外FXに取り組んだ時に与えられるスワップ金利になります。

-FX

Copyright© 海外FX人気優良業者 比較ランキング 2019年版 , 2019 All Rights Reserved.