海外FX人気優良業者 比較ランキング 2019年版

海外FX口座開設におススメの比較ランキング!海外FX優良業者はAXORY,TitanFX,XM,Land-FX,TradeView!億り人海外FX専業トレーダーが案内するこの5業社で決まり!信頼度と利用実績から見る海外FX人気業者ランキング。安心安全に利用出来る海外FXブローカー。

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第1位

1位 XMトレーディング(XMTRADING)

海外FX比較ランキング1位はXMTRADING(XMTRADING)

口座タイプ スタンダード口座,マイクロ口座,ZERO口座(ECN)
プラットフォーム MT4,MT5(WINDOWS,Mac,Android,iOS対応), MT4,MT5ウェブトレーダー
レバレッジ スタンダード,マイクロ口座は最大888倍 ZERO口座は最大500倍(※口座残高によるレバレッジ規制あり。残高2万ドル相当以上200倍,10万ドル相当以上100倍)
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア57種,コモディティ8種,貴金属4種,エネルギー5種,株価指数30種
ボーナス 口座開設ボーナス3000円,,入金ボーナス(500ドルに対して100%,4500ドルに対して20%,BITWALLET入金に対して2000ドルまで10%),トレード毎に貰えるXMP(※ZERO口座は口座開設ボーナス以外は対象外不適用。)
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,JCB)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,JCB),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス セーシェル金融庁

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第2位

2位 TitanFX

海外FXランキング2位TitanFX(タイタンFX)
口座タイプ スタンダード口座,ブレード口座(ECN)
プラットフォーム MT4(PC,Mac,Android,iOS対応),Titan FX Webトレーダー
レバレッジ スタンダード口座,ブレード口座ともに最大500倍
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄(FOREX,CFD) 通貨ペア63種,貴金属4種,エネルギー2種,株価指数9種
ボーナス ボーナスなし。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,Mastercard),国内銀行送金,海外電信送金(ワイヤー送金)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,Mastercard),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP),バヌアツ共和国金融庁(VFSC)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第3位

3位 AXIORY

海外FX比較ランキング3位AXIORY(アキシオリー)
口座タイプ スタンダード口座,ナノスプレッド口座(ECN)
プラットフォーム MT4,,cTrader, AxioryWebtrader他
レバレッジ スタンダード口座,ナノスプレッド口座ともに最大400倍
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア61種,コモディティ8種,貴金属4種,エネルギー2種,株価指数10種
ボーナス 基本的にはボーナスなし。過去にイベント・キャンペーン等により実施された経歴あり。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス ベリーズ国際金融サービス委員会 (IFSC)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第4位

4位 トレードビュー(Tradeview)

海外FX比較ランキング4位はTRADEVIEW(トレードビュー)
口座タイプ スタンダード口座,ILC口座(ECN)
プラットフォーム MT4,cTrader,Currenex
レバレッジ スタンダード最大400倍 ILC口座は最大200倍(デフォルトでは100倍設定、申請が必要。)
ロスカットレベル 維持率100%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア40種
ボーナス ボーナスなし。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,MasterCard,JCB),スティックペイ,エコペイズ,海外電信送金(ワイヤー送金)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,MasterCard,JCB),スティックペイ,エコペイズ,海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス CIMA(ケイマン諸島金融庁)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第5位

最近の投稿

FX

海外FX比較|スプレッドと言われるのは外貨を売買する際の価格差のことで…。

投稿日:

レバレッジのお陰で、証拠金が僅かでもその何倍という「売り・買い」を行なうことが可能で、想像以上の収入も想定できますが、それに伴いリスクも高くなるのが一般的ですから、落ち着いてレバレッジ設定すべきです。
スワップというものは、海外FX]取引における二種類の通貨の金利の開きにより得ることができる利益のことを指します。金額の点で言いますと少額ですが、日に1回付与されるようになっているので、すごくありがたい利益だと言えるでしょう。
海外FX会社をFX比較ランキングで比較する時に最優先に確かめるべきは、取引条件でしょう。海外FX会社各々で「スワップ金利」等が違っているわけですから、自分自身の取引方法に見合う海外FX会社を、細部に至るまでFX比較ランキングで比較の上チョイスしてください。
システムトレードにおいては、EA(自動売買プログラム)の設定によってテクニカルポイントが巡り来た時に、システムが必ず売買を完結してくれるのです。但し、自動売買プログラムについては使用者本人がチョイスします。
デモトレードを始めるという時は、FXに欠かすことができない証拠金がデモ口座(仮想の口座)に、必要な金額分仮想通貨として入金されることになります。

海外FX口座開設さえすれば、本当に取引をすることがないとしてもチャートなどの閲覧はできますので、「一先ず海外FXに関する知識を頭に入れたい」などとお考えの方も、開設してみてはいかがでしょうか?
相場の流れも見えていない状態での短期取引ということになれば、失敗しない方がおかしいです。いずれにしてもハイレベルなテクニックが要されますから、始めたばかりの人にはスキャルピングは無理があります。
海外FXにつきましてリサーチしていくと、MT4という単語をよく目にします。MT4と申しますのは、利用料なしで使うことができる海外FXソフトの名称で、高水準のチャートや自動売買機能が付いている売買ツールのことなのです。
海外FXの取引は、「ポジションを建てる⇒決済する」の繰り返しだと言うことができます。割と易しいことのように考えるかもしれないですが、ポジションを建てるタイミングだったり決済をするタイミングは、予想以上に難しいと思うはずです。
テクニカル分析とは、為替の変化をチャートで記録し、更にはそのチャートを参考に、今後の相場の動きを類推するという分析方法なのです。このテクニカル分析は、いつ取引すべきかの時期を知る時に有益です。

スキャルピングと呼ばれるのは、1回あたり1円未満という非常に小さな利幅を追っ掛け、連日繰り返し取引を実施して薄利を積み上げる、恐ろしく短期のトレード手法です。
これから先海外FXを行なおうという人や、海外FX会社を換えようかと検討している人向けに、日本国内の海外FX会社をFX比較ランキングで比較し、ランキング一覧にしております。どうぞご覧になってみて下さい。
原則的に、本番トレード環境とデモトレード環境を対比した場合、前者の方が「それぞれのトレードあたり1pips位収益が落ちる」と理解した方がいいと思います。
スプレッドと言われるのは外貨を売買する際の価格差のことで、FX会社の利潤となる売買手数料とも捉えられるものですが、各社のマーケット戦略に従って個別にスプレッド幅を決めているのです。
デイトレードと言われるのは、24時間という間ポジションを保持するというトレードではなく、実際のところはNY市場がその日の取引を終了する前に決済をするというトレードのことです。

-FX

Copyright© 海外FX人気優良業者 比較ランキング 2019年版 , 2019 All Rights Reserved.