海外FX人気優良業者 比較ランキング 2019年版

海外FX口座開設におススメの比較ランキング!海外FX優良業者はAXORY,TitanFX,XM,Land-FX,TradeView!億り人海外FX専業トレーダーが案内するこの5業社で決まり!信頼度と利用実績から見る海外FX人気業者ランキング。安心安全に利用出来る海外FXブローカー。

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第1位

1位 XMトレーディング(XMTRADING)

海外FX比較ランキング1位はXMTRADING(XMTRADING)

口座タイプ スタンダード口座,マイクロ口座,ZERO口座(ECN)
プラットフォーム MT4,MT5(WINDOWS,Mac,Android,iOS対応), MT4,MT5ウェブトレーダー
レバレッジ スタンダード,マイクロ口座は最大888倍 ZERO口座は最大500倍(※口座残高によるレバレッジ規制あり。残高2万ドル相当以上200倍,10万ドル相当以上100倍)
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア57種,コモディティ8種,貴金属4種,エネルギー5種,株価指数30種
ボーナス 口座開設ボーナス3000円,,入金ボーナス(500ドルに対して100%,4500ドルに対して20%,BITWALLET入金に対して2000ドルまで10%),トレード毎に貰えるXMP(※ZERO口座は口座開設ボーナス以外は対象外不適用。)
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,JCB)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,JCB),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス セーシェル金融庁

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第2位

2位 TitanFX

海外FXランキング2位TitanFX(タイタンFX)
口座タイプ スタンダード口座,ブレード口座(ECN)
プラットフォーム MT4(PC,Mac,Android,iOS対応),Titan FX Webトレーダー
レバレッジ スタンダード口座,ブレード口座ともに最大500倍
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄(FOREX,CFD) 通貨ペア63種,貴金属4種,エネルギー2種,株価指数9種
ボーナス ボーナスなし。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,Mastercard),国内銀行送金,海外電信送金(ワイヤー送金)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,Mastercard),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP),バヌアツ共和国金融庁(VFSC)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第3位

3位 AXIORY

海外FX比較ランキング3位AXIORY(アキシオリー)
口座タイプ スタンダード口座,ナノスプレッド口座(ECN)
プラットフォーム MT4,,cTrader, AxioryWebtrader他
レバレッジ スタンダード口座,ナノスプレッド口座ともに最大400倍
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア61種,コモディティ8種,貴金属4種,エネルギー2種,株価指数10種
ボーナス 基本的にはボーナスなし。過去にイベント・キャンペーン等により実施された経歴あり。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス ベリーズ国際金融サービス委員会 (IFSC)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第4位

4位 トレードビュー(Tradeview)

海外FX比較ランキング4位はTRADEVIEW(トレードビュー)
口座タイプ スタンダード口座,ILC口座(ECN)
プラットフォーム MT4,cTrader,Currenex
レバレッジ スタンダード最大400倍 ILC口座は最大200倍(デフォルトでは100倍設定、申請が必要。)
ロスカットレベル 維持率100%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア40種
ボーナス ボーナスなし。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,MasterCard,JCB),スティックペイ,エコペイズ,海外電信送金(ワイヤー送金)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,MasterCard,JCB),スティックペイ,エコペイズ,海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス CIMA(ケイマン諸島金融庁)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第5位

最近の投稿

FX

海外FX比較|テクニカル分析と称されるのは…。

投稿日:

レバレッジと呼ばれているものは、FXにおいて当たり前のごとく利用されることになるシステムということになりますが、元手以上の取り引きが行なえますので、低い額の証拠金で多額の収入を得ることも不可能ではないのです。
申し込みにつきましては、海外FX業者の専用ホームページの海外FX口座開設ページを介して15分~20分くらいでできるはずです。申し込みフォームへの入力完了後、必要書類をFAXなどを使って送付し審査を待つことになります。
テクニカル分析をするという場合は、基本的にはローソク足を並べて表示したチャートを活用することになります。パッと見簡単ではなさそうですが、しっかりと読み取れるようになりますと、正に鬼に金棒の武器になります。
トレードをやったことがない人にとっては、ハードルが高すぎるだろうと言えるテクニカル分析なのですが、チャートの変化をキャッチするためのパターンさえ理解してしまえば、値動きの予測が非常に簡単になるはずです。
テクニカル分析と称されるのは、為替の変化をチャートの形で記録し、更にはそのチャートを基に、それからの為替の値動きを類推するという方法になります。このテクニカル分析は、いつ取引すべきかの時期を知る時に役立ちます。

日本と比べると、海外の銀行金利の方が高いので、スワップ金利が付与されるのです。海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の差というものが、海外FXをすることで付与されることになるスワップ金利というわけです。
海外FXが日本中で驚くほどのスピードで拡散した一番の理由が、売買手数料が驚くほど低額だということです。これから海外FXをスタートするという人は、スプレッドの低い海外FX会社を選択することも重要だとアドバイスしておきます。
スキャルピングと呼ばれるのは、1回のトレードで1円未満というほんの小さな利幅を目標に、日々何回もの取引をして薄利を積み増す、非常に特徴的な売買手法なのです。
スキャルピングに関しましては、数秒~数分間の値動きを何度も利用することになりますから、値動きがある程度あることと、売買する回数がとても増えるのが一般的ですから、取引コストが小さい通貨ペアを選択することが必要不可欠です。
証拠金を基にして外貨を買い、そのまま所有し続けていることを「ポジションを持つ」というふうに言います。それとは反対に、維持している通貨を売ることを「ポジションの解消」と言うわけです。

海外FX口座開設の申し込み手続きを踏み、審査にパスしたら「IDとPW」が簡易書留などで郵送されてくるというのが通例だと言えますが、若干の海外FX会社はTELで「内容確認」を行ないます。
金利が高めの通貨だけを選択して、その後保有することでスワップポイントが与えられるので、このスワップポイントという利益だけを目論んで海外FXに取り組んでいる人も稀ではないとのことです。
利益を出すには、為替レートが注文した時点のレートよりも良くなるまで待つことが不可欠です。この状態を「ポジションを保有する」という言い方をします。
為替の方向性が顕著な時間帯を選定して、その方向性に乗っかって売買するというのがトレードにおいての基本的な考え方です。デイトレードだけに限らず、「平静を保つ」「勝てる時だけポジションを持つ」というのは、どんなトレードをしようとも絶対に覚えておくべき事項です。
スプレッドというのは外貨の購入時と売却時の価格差のことで、FX会社の儲けとなる売買手数料と同じようなものですが、各社のマーケット戦略に従って個別にスプレッド幅を決めているのです。

-FX

Copyright© 海外FX人気優良業者 比較ランキング 2019年版 , 2019 All Rights Reserved.