海外FX人気優良業者 比較ランキング 2019年版

海外FX口座開設におススメの比較ランキング!海外FX優良業者はAXORY,TitanFX,XM,Land-FX,TradeView!億り人海外FX専業トレーダーが案内するこの5業社で決まり!信頼度と利用実績から見る海外FX人気業者ランキング。安心安全に利用出来る海外FXブローカー。

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第1位

1位 XMトレーディング(XMTRADING)

海外FX比較ランキング1位はXMTRADING(XMTRADING)

口座タイプ スタンダード口座,マイクロ口座,ZERO口座(ECN)
プラットフォーム MT4,MT5(WINDOWS,Mac,Android,iOS対応), MT4,MT5ウェブトレーダー
レバレッジ スタンダード,マイクロ口座は最大888倍 ZERO口座は最大500倍(※口座残高によるレバレッジ規制あり。残高2万ドル相当以上200倍,10万ドル相当以上100倍)
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア57種,コモディティ8種,貴金属4種,エネルギー5種,株価指数30種
ボーナス 口座開設ボーナス3000円,,入金ボーナス(500ドルに対して100%,4500ドルに対して20%,BITWALLET入金に対して2000ドルまで10%),トレード毎に貰えるXMP(※ZERO口座は口座開設ボーナス以外は対象外不適用。)
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,JCB)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,JCB),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス セーシェル金融庁

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第2位

2位 TitanFX

海外FXランキング2位TitanFX(タイタンFX)
口座タイプ スタンダード口座,ブレード口座(ECN)
プラットフォーム MT4(PC,Mac,Android,iOS対応),Titan FX Webトレーダー
レバレッジ スタンダード口座,ブレード口座ともに最大500倍
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄(FOREX,CFD) 通貨ペア63種,貴金属4種,エネルギー2種,株価指数9種
ボーナス ボーナスなし。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,Mastercard),国内銀行送金,海外電信送金(ワイヤー送金)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,Mastercard),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP),バヌアツ共和国金融庁(VFSC)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第3位

3位 AXIORY

海外FX比較ランキング3位AXIORY(アキシオリー)
口座タイプ スタンダード口座,ナノスプレッド口座(ECN)
プラットフォーム MT4,,cTrader, AxioryWebtrader他
レバレッジ スタンダード口座,ナノスプレッド口座ともに最大400倍
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア61種,コモディティ8種,貴金属4種,エネルギー2種,株価指数10種
ボーナス 基本的にはボーナスなし。過去にイベント・キャンペーン等により実施された経歴あり。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス ベリーズ国際金融サービス委員会 (IFSC)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第4位

4位 トレードビュー(Tradeview)

海外FX比較ランキング4位はTRADEVIEW(トレードビュー)
口座タイプ スタンダード口座,ILC口座(ECN)
プラットフォーム MT4,cTrader,Currenex
レバレッジ スタンダード最大400倍 ILC口座は最大200倍(デフォルトでは100倍設定、申請が必要。)
ロスカットレベル 維持率100%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア40種
ボーナス ボーナスなし。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,MasterCard,JCB),スティックペイ,エコペイズ,海外電信送金(ワイヤー送金)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,MasterCard,JCB),スティックペイ,エコペイズ,海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス CIMA(ケイマン諸島金融庁)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第5位

最近の投稿

FX

海外FX比較|テクニカル分析と称されているのは…。

投稿日:

MT4にて稼働する自動トレードソフト(EA)の考案者はいろんな国に存在しており、実際の運用状況ないしは感想などを頭に入れながら、更に実効性の高い自動売買ソフトの開発製造に頑張っています。
海外FX口座開設の申し込みを行ない、審査に通ったら「ログイン用のIDとパスワード」が郵便にて届けられるというのが通常の流れだと言えますが、いくつかの海外FX会社はTELを利用して「必要事項確認」を行なっています。
MT4は今の世の中で一番多くの人に使用されている海外FX自動売買ツールであるという理由から、自動売買プログラムの種類がいろいろ揃っているのも特徴だと思われます。
スキャルピングというトレード法は、どちらかと言えば予知しやすい中期から長期に亘る経済指標などは無視をして、どちらに転ぶかわからない勝負を一時的に、かつ止めどなくやり続けるというようなものだと言えます。
スイングトレードと言われるのは、その日1日のトレンドに結果が左右される短期売買とFXランキングで比較してみても、「今迄相場がどの様な値動きをしてきたか?」といった分析が肝になるトレード法だと断言します。

海外FX口座開設をする時の審査に関しましては、学生あるいは普通の主婦でもほとんど通りますので、必要以上の心配をする必要はないですが、重要なファクターである「投資目的」であったり「投資歴」等は、例外なしに注視されます。
スプレッドと言われるのは外貨を買う時と売る時の価格差のことで、FX会社の儲けになる売買手数料の一種で、各社ごとに独自にスプレッド幅を定めています。
海外FX会社毎に仮想通貨を利用したトレード体験(デモトレード)環境を整えています。ほんとのお金を費やすことなく仮想売買(デモトレード)が可能なので、進んでトライしてほしいですね。
驚くなかれ1円の値幅だったとしても、レバレッジ1倍の場合は1万円の損益になりますが、10倍なら10万円の損益なのです。言ってみれば「レバレッジを欲張るほどリスクも大きくなってしまう」ということです。
最近はいろんな海外FX会社があり、各々の会社が独自のサービスを行なっているわけです。そういったサービスで海外FX会社をFXランキングで比較して、あなた自身にピッタリの海外FX会社を選ぶことが一番肝になると言っていいでしょう。

スプレッドに関しましては、普通の金融商品を鑑みると破格の安さです。現実的なことを言いますが、株式投資ですと100万円以上の売買をすると、1000円位は売買手数料を払わなければなりません。
レバレッジにつきましては、FXにおいて絶対と言っていいほど活用されているシステムだとされますが、実際に捻出できる資金以上の売り買いをすることが可能ですから、少々の証拠金でガッポリ儲けることも可能だというわけです。
デイトレードと言われているものは、スキャルピングの売りと買いの時間的な間隔をそれなりに長くしたもので、通常は1~2時間から1日以内にポジションをなくしてしまうトレードを意味します。
「デモトレードに取り組んで儲けられた」としても、実際上のリアルトレードで利益を得られる保証はないと考えた方が賢明です。デモトレードについては、やはりゲーム感覚になってしまうのが普通です。
テクニカル分析と称されているのは、相場の時系列的な変遷をチャートで表わし、更にはそのチャートを参考に、これからの相場の値動きを読み解くという分析方法です。これは、売買するべきタイミングを理解する時に用いられます。

-FX

Copyright© 海外FX人気優良業者 比較ランキング 2019年版 , 2019 All Rights Reserved.