海外FX人気優良業者 比較ランキング 2019年版

海外FX口座開設におススメの比較ランキング!海外FX優良業者はAXORY,TitanFX,XM,Land-FX,TradeView!億り人海外FX専業トレーダーが案内するこの5業社で決まり!信頼度と利用実績から見る海外FX人気業者ランキング。安心安全に利用出来る海外FXブローカー。

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第1位

1位 XMトレーディング(XMTRADING)

海外FX比較ランキング1位はXMTRADING(XMTRADING)

口座タイプ スタンダード口座,マイクロ口座,ZERO口座(ECN)
プラットフォーム MT4,MT5(WINDOWS,Mac,Android,iOS対応), MT4,MT5ウェブトレーダー
レバレッジ スタンダード,マイクロ口座は最大888倍 ZERO口座は最大500倍(※口座残高によるレバレッジ規制あり。残高2万ドル相当以上200倍,10万ドル相当以上100倍)
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア57種,コモディティ8種,貴金属4種,エネルギー5種,株価指数30種
ボーナス 口座開設ボーナス3000円,,入金ボーナス(500ドルに対して100%,4500ドルに対して20%,BITWALLET入金に対して2000ドルまで10%),トレード毎に貰えるXMP(※ZERO口座は口座開設ボーナス以外は対象外不適用。)
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,JCB)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,JCB),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス セーシェル金融庁

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第2位

2位 TitanFX

海外FXランキング2位TitanFX(タイタンFX)
口座タイプ スタンダード口座,ブレード口座(ECN)
プラットフォーム MT4(PC,Mac,Android,iOS対応),Titan FX Webトレーダー
レバレッジ スタンダード口座,ブレード口座ともに最大500倍
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄(FOREX,CFD) 通貨ペア63種,貴金属4種,エネルギー2種,株価指数9種
ボーナス ボーナスなし。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,Mastercard),国内銀行送金,海外電信送金(ワイヤー送金)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,Mastercard),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP),バヌアツ共和国金融庁(VFSC)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第3位

3位 AXIORY

海外FX比較ランキング3位AXIORY(アキシオリー)
口座タイプ スタンダード口座,ナノスプレッド口座(ECN)
プラットフォーム MT4,,cTrader, AxioryWebtrader他
レバレッジ スタンダード口座,ナノスプレッド口座ともに最大400倍
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア61種,コモディティ8種,貴金属4種,エネルギー2種,株価指数10種
ボーナス 基本的にはボーナスなし。過去にイベント・キャンペーン等により実施された経歴あり。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス ベリーズ国際金融サービス委員会 (IFSC)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第4位

4位 トレードビュー(Tradeview)

海外FX比較ランキング4位はTRADEVIEW(トレードビュー)
口座タイプ スタンダード口座,ILC口座(ECN)
プラットフォーム MT4,cTrader,Currenex
レバレッジ スタンダード最大400倍 ILC口座は最大200倍(デフォルトでは100倍設定、申請が必要。)
ロスカットレベル 維持率100%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア40種
ボーナス ボーナスなし。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,MasterCard,JCB),スティックペイ,エコペイズ,海外電信送金(ワイヤー送金)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,MasterCard,JCB),スティックペイ,エコペイズ,海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス CIMA(ケイマン諸島金融庁)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第5位

最近の投稿

FX

海外FX比較|スワップポイントと言いますのは…。

投稿日:

システムトレードでありましても、新たにトレードするというタイミングに、証拠金余力が必要証拠金の額を上回っていない場合は、新たに注文することは不可能となっています。
「デモトレードを実施して収益を大きくあげることができた」としても、本当に自分のお金を投入する現実のトレードで利益を得られるという保証は全くありません。デモトレードと申しますのは、やはり娯楽感覚を拭い去れません。
デイトレードと呼ばれるものは、スキャルピングの売り買いするタイミングを少しだけ長くしたもので、現実の上では2~3時間から24時間以内に売買を終えてしまうトレードだと理解されています。
FX会社に入る収益はスプレッドが生み出していると言えるのですが、例を挙げますと豪ドルと日本円の売買の場合、FX会社はカスタマーに向けて、その通貨の購入時と売却時の為替レートを適用することになります。
MT4と言いますのは、昔のファミコンのような器具と同じように、本体にプログラムされたソフトを挿入することによって、ようやく海外FX取引を始めることができるようになります。

スイングトレードだとすれば、どれ程短い期間だとしても数日間、長期の時は数ケ月にもなるといった売買手法になるわけですから、デイリーのニュースなどをベースに、数日から数ヶ月タームの世界的な経済情勢を予測し資金を投入することができます。
今では、どの海外FX会社も売買手数料を徴収してはいませんが、それに代わるものとしてスプレッドがあり、このスプレッドというものこそが実際的な海外FX会社の利益だと考えられます。
海外FXにおける取り引きは、「ポジションを建てる⇒決済する」を反復することだと言えます。それほどハードルが高くはないように考えるかもしれないですが、ポジションを建てるタイミングまたは決済をするタイミングは、かなり難しいと思うはずです。
海外FXにおいては、「外貨を売る」という状態から取引に入ることもできるわけですが、このように外貨を持たずに「外貨を売った状態」のことも、「ポジションを持っている」となるわけです。
金利が高めの通貨ばかりを買って、そのまま保有し続けることでスワップポイントが与えられるので、このスワップポイントという利益獲得のために海外FXに頑張っている人も稀ではないとのことです。

ポジションにつきましては、「買いポジション」と「売りポジション」に分類できますが、このポジションと申しますのは、買いまたは売りの取り引きをした後、約定せずにその状態を持続している注文のことです。
スキャルピングに取り組むつもりなら、少しの値動きで欲張らずに利益に繋げるという気持ちの持ち方が不可欠です。「更に高くなる等と考えることはしないこと」、「欲張る気持ちをなくすこと」が肝要になってきます。
スイングトレードで収益を出すにはそのようになるべく取り引きの行ない方があるわけですが、当然のことスイングトレードの基本が理解できていることが必要です。最優先でスイングトレードの基本をものにしてください。
スワップポイントと言いますのは、ポジションを継続した日数分供与されます。毎日ある時間にポジションを維持した状態だと、その時点でスワップポイントが加算されるというわけです。
スプレッドというのは外貨の購入時と売却時の価格差のことで、FX会社にとっては収益になる売買手数料と同じようなものですが、各社ごとに独自にスプレッド幅を設けているわけです。

-FX

Copyright© 海外FX人気優良業者 比較ランキング 2019年版 , 2019 All Rights Reserved.