海外FX人気優良業者 比較ランキング 2019年版

海外FX口座開設におススメの比較ランキング!海外FX優良業者はAXORY,TitanFX,XM,Land-FX,TradeView!億り人海外FX専業トレーダーが案内するこの5業社で決まり!信頼度と利用実績から見る海外FX人気業者ランキング。安心安全に利用出来る海外FXブローカー。

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第1位

1位 XMトレーディング(XMTRADING)

海外FX比較ランキング1位はXMTRADING(XMTRADING)

口座タイプ スタンダード口座,マイクロ口座,ZERO口座(ECN)
プラットフォーム MT4,MT5(WINDOWS,Mac,Android,iOS対応), MT4,MT5ウェブトレーダー
レバレッジ スタンダード,マイクロ口座は最大888倍 ZERO口座は最大500倍(※口座残高によるレバレッジ規制あり。残高2万ドル相当以上200倍,10万ドル相当以上100倍)
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア57種,コモディティ8種,貴金属4種,エネルギー5種,株価指数30種
ボーナス 口座開設ボーナス3000円,,入金ボーナス(500ドルに対して100%,4500ドルに対して20%,BITWALLET入金に対して2000ドルまで10%),トレード毎に貰えるXMP(※ZERO口座は口座開設ボーナス以外は対象外不適用。)
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,JCB)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,JCB),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス セーシェル金融庁

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第2位

2位 TitanFX

海外FXランキング2位TitanFX(タイタンFX)
口座タイプ スタンダード口座,ブレード口座(ECN)
プラットフォーム MT4(PC,Mac,Android,iOS対応),Titan FX Webトレーダー
レバレッジ スタンダード口座,ブレード口座ともに最大500倍
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄(FOREX,CFD) 通貨ペア63種,貴金属4種,エネルギー2種,株価指数9種
ボーナス ボーナスなし。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,Mastercard),国内銀行送金,海外電信送金(ワイヤー送金)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,Mastercard),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP),バヌアツ共和国金融庁(VFSC)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第3位

3位 AXIORY

海外FX比較ランキング3位AXIORY(アキシオリー)
口座タイプ スタンダード口座,ナノスプレッド口座(ECN)
プラットフォーム MT4,,cTrader, AxioryWebtrader他
レバレッジ スタンダード口座,ナノスプレッド口座ともに最大400倍
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア61種,コモディティ8種,貴金属4種,エネルギー2種,株価指数10種
ボーナス 基本的にはボーナスなし。過去にイベント・キャンペーン等により実施された経歴あり。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス ベリーズ国際金融サービス委員会 (IFSC)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第4位

4位 トレードビュー(Tradeview)

海外FX比較ランキング4位はTRADEVIEW(トレードビュー)
口座タイプ スタンダード口座,ILC口座(ECN)
プラットフォーム MT4,cTrader,Currenex
レバレッジ スタンダード最大400倍 ILC口座は最大200倍(デフォルトでは100倍設定、申請が必要。)
ロスカットレベル 維持率100%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア40種
ボーナス ボーナスなし。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,MasterCard,JCB),スティックペイ,エコペイズ,海外電信送金(ワイヤー送金)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,MasterCard,JCB),スティックペイ,エコペイズ,海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス CIMA(ケイマン諸島金融庁)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第5位

最近の投稿

FX

海外FX比較|デモトレードと呼ばれているのは…。

投稿日:

スイングトレードをするつもりなら、いくら短期だとしても3~4日、長期ということになると何カ月にもなるというような売買手法になるので、いつも発信されているニュースなどを視聴しながら、数日から数ヶ月タームの世界的な経済情勢を推測し投資することができるというわけです。
デイトレードの特長と言うと、日を跨ぐことなく必須条件として全てのポジションを決済してしまうわけですので、成果が分かりやすいということではないかと思います。
レバレッジというのは、納入した証拠金を元手に、最大その額面の25倍の売買が認められるという仕組みのことを指しています。一例をあげますと、50万円の証拠金で20倍のレバレッジをかけますと、1000万円分の売買が可能なのです。
「デモトレードを何回やっても、現実に損失が出ることがないので、メンタル上の経験を積むことができない!」、「手元にあるお金で売買をやってこそ、初めて経験が積めるのだ!」と指摘する人もたくさんいます。
スイングトレードに関しては、トレードを行なうその日のトレンドに大きく影響を受ける短期売買とは全然違って、「現在まで為替がどういった値動きをしてきたか?」といった分析が影響を及ぼすトレード方法になります。

トレンドがはっきり出ている時間帯を選んで、すかさず順張りするというのがトレードをやる上での原則です。デイトレードは言うまでもなく、「熱くならない」「トレンドが定まらない時は静観する」というのは、どういったトレード手法を選択しようとも決して忘れてはいけないポイントです。
チャートの変動を分析して、売買のタイミングの判定を下すことをテクニカル分析と呼ぶのですが、この分析さえ可能になれば、買う時期と売る時期も理解できるようになること請け合いです。
日本の銀行より海外の銀行の金利が高いということがあるので、スワップ金利が貰えることになっているのです。海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の差というものが、海外FXをする際に手にするスワップ金利です。
スキャルピングに取り組むつもりなら、数ティックという動きでも手堅く利益を確定するという気構えが必要不可欠です。「これからもっと上がる等という思いは排すること」、「欲は排除すること」が大切だと言えます。
デモトレードと呼ばれているのは、仮想資金でトレードを実施することを言います。300万円など、ご自身で決定した架空資金が入金されたデモ口座を開くことができますので、現実のトレードの雰囲気で練習可能だと言えます。

売り値と買い値に少々の差をつけるスプレッドは、FX会社ばかりじゃなく銀行でも別の名目で取り入れられています。しかもふざけるなと言いたくなるくらいで、その手数料たるや海外FX会社の200倍くらいというところがかなり目に付きます。
海外FX口座開設を完了しておけば、実際に取引をすることがないとしてもチャートなどを活用することができますから、「一先ず海外FXの勉強をしたい」などとお思いの方も、開設して損はありません。
スプレッドとは外貨を「売り買い」する時の価格差のことで、FX会社の儲けになる売買手数料と同じようなものですが、各社の方針に従って個別にスプレッド幅を決めているのです。
MT4をパソコンに設置して、インターネットに接続させたまま24時間稼働させておけば、出掛けている間も勝手に海外FX売買をやってくれるわけです。
スキャルピングと申しますのは、1売買で1円以下という僅少な利幅を追い求め、一日に何度も取引を敢行して薄利を積み増す、特異なトレード手法です。

-FX

Copyright© 海外FX人気優良業者 比較ランキング 2019年版 , 2019 All Rights Reserved.