海外FX人気優良業者 比較ランキング 2019年版

海外FX口座開設におススメの比較ランキング!海外FX優良業者はAXORY,TitanFX,XM,Land-FX,TradeView!億り人海外FX専業トレーダーが案内するこの5業社で決まり!信頼度と利用実績から見る海外FX人気業者ランキング。安心安全に利用出来る海外FXブローカー。

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第1位

1位 XMトレーディング(XMTRADING)

海外FX比較ランキング1位はXMTRADING(XMTRADING)

口座タイプ スタンダード口座,マイクロ口座,ZERO口座(ECN)
プラットフォーム MT4,MT5(WINDOWS,Mac,Android,iOS対応), MT4,MT5ウェブトレーダー
レバレッジ スタンダード,マイクロ口座は最大888倍 ZERO口座は最大500倍(※口座残高によるレバレッジ規制あり。残高2万ドル相当以上200倍,10万ドル相当以上100倍)
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア57種,コモディティ8種,貴金属4種,エネルギー5種,株価指数30種
ボーナス 口座開設ボーナス3000円,,入金ボーナス(500ドルに対して100%,4500ドルに対して20%,BITWALLET入金に対して2000ドルまで10%),トレード毎に貰えるXMP(※ZERO口座は口座開設ボーナス以外は対象外不適用。)
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,JCB)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,JCB),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス セーシェル金融庁

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第2位

2位 TitanFX

海外FXランキング2位TitanFX(タイタンFX)
口座タイプ スタンダード口座,ブレード口座(ECN)
プラットフォーム MT4(PC,Mac,Android,iOS対応),Titan FX Webトレーダー
レバレッジ スタンダード口座,ブレード口座ともに最大500倍
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄(FOREX,CFD) 通貨ペア63種,貴金属4種,エネルギー2種,株価指数9種
ボーナス ボーナスなし。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,Mastercard),国内銀行送金,海外電信送金(ワイヤー送金)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,Mastercard),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP),バヌアツ共和国金融庁(VFSC)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第3位

3位 AXIORY

海外FX比較ランキング3位AXIORY(アキシオリー)
口座タイプ スタンダード口座,ナノスプレッド口座(ECN)
プラットフォーム MT4,,cTrader, AxioryWebtrader他
レバレッジ スタンダード口座,ナノスプレッド口座ともに最大400倍
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア61種,コモディティ8種,貴金属4種,エネルギー2種,株価指数10種
ボーナス 基本的にはボーナスなし。過去にイベント・キャンペーン等により実施された経歴あり。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス ベリーズ国際金融サービス委員会 (IFSC)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第4位

4位 トレードビュー(Tradeview)

海外FX比較ランキング4位はTRADEVIEW(トレードビュー)
口座タイプ スタンダード口座,ILC口座(ECN)
プラットフォーム MT4,cTrader,Currenex
レバレッジ スタンダード最大400倍 ILC口座は最大200倍(デフォルトでは100倍設定、申請が必要。)
ロスカットレベル 維持率100%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア40種
ボーナス ボーナスなし。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,MasterCard,JCB),スティックペイ,エコペイズ,海外電信送金(ワイヤー送金)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,MasterCard,JCB),スティックペイ,エコペイズ,海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス CIMA(ケイマン諸島金融庁)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第5位

最近の投稿

FX

海外FX比較|海外FX口座開設に掛かる費用というのは…。

投稿日:

申し込みに関しましては、海外FX会社が開設している専用HPの海外FX口座開設ページ経由で15~20分ほどでできます。申込フォームに必要事項入力後、必要書類をメールなどを利用して送付し審査をしてもらうというわけです。
スキャルピングと言いますのは、1売買で1円にもならないごく僅かな利幅を追い掛け、日々すごい数の取引を行なって利益を積み重ねる、特異な取引き手法ということになります。
MT4というのは、プレステであったりファミコンなどの器具と同じように、本体にソフトを差し込むことにより、ようやく海外FX取引をスタートすることができるのです。
ここ最近は、いずれの海外FX会社も売買手数料はフリーにしていますが、その一方でスプレッドがあり、それが現実の海外FX会社の利益だと考えられます。
スワップポイントというのは、ポジションを継続した日数分付与されます。日々ある時間にポジションをキープした状態だと、その時点でスワップポイントが貰えるわけです。

デイトレードというのは、丸一日ポジションを維持するというトレードを意味するのではなく、本当のところはニューヨークのマーケットの取引終了時刻前に売買を完了させてしまうというトレードスタイルのことを言うのです。
海外FX口座開設に掛かる費用というのは、無料としている業者がほとんどですから、いくらか手間は掛かりますが、2つ以上の業者で開設し実際に売買をしてみて、各々にしっくりくる海外FX業者を選択するべきだと思います。
海外FXに纏わることを調査していきますと、MT4(メタトレーダー4)という文言に出くわすことが多いです。MT4と申しますのは、料金なしで使用できる海外FXソフトのことで、様々に活用できるチャートや自動売買機能が付いている売買ツールのことです。
スプレッドと称されるのは、トレードを行なう際の「買値と売値の差」のことになります。このスプレッドこそが海外FX会社の利益であり、海外FX会社毎に設定している金額が違うのが通例です。
実際は、本番のトレード環境とデモトレード環境を海外FX口コミランキングで比較してみると、本番トレード環境の方が「それぞれのトレード毎に1ピップス位儲けが少なくなる」と考えた方が正解だと考えます。

スプレッドと言われる“手数料”は、普通の金融商品と照合すると、かなり破格だと言えるのです。はっきり申し上げて、株式投資だと100万円以上の売買をすると、1000円位は売買手数料を払うのが普通です。
スイングトレードを行なうと言うのなら、いくら短期でも数日間、長期ということになると数ヶ月にも及ぶことになるトレードになるわけですから、いつも報道されるニュースなどを基に、それから先の世界の経済情勢を推測しトレードできると言えます。
収益を手にするためには、為替レートが注文時のレートよりも良い方向に動くまで待つことが必要です。この状態を「ポジションを保有する」と言っているのです。
海外FXが日本中であれよあれよという間に広まった素因の1つが、売買手数料が超割安だということだと考えます。これから海外FXを始めようと思うのなら、スプレッドの低い海外FX会社を探すことも必要不可欠です。
初回入金額と申しますのは、海外FX口座開設が終了した後に入金しなければならない最低必要金額のことを指します。特に金額設定をしていない会社も見られますし、最低100000円というような金額設定をしている所もあるのです。

-FX

Copyright© 海外FX人気優良業者 比較ランキング 2019年版 , 2019 All Rights Reserved.