海外FX人気優良業者 比較ランキング 2019年版

海外FX口座開設におススメの比較ランキング!海外FX優良業者はAXORY,TitanFX,XM,Land-FX,TradeView!億り人海外FX専業トレーダーが案内するこの5業社で決まり!信頼度と利用実績から見る海外FX人気業者ランキング。安心安全に利用出来る海外FXブローカー。

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第1位

1位 XMトレーディング(XMTRADING)

海外FX比較ランキング1位はXMTRADING(XMTRADING)

口座タイプ スタンダード口座,マイクロ口座,ZERO口座(ECN)
プラットフォーム MT4,MT5(WINDOWS,Mac,Android,iOS対応), MT4,MT5ウェブトレーダー
レバレッジ スタンダード,マイクロ口座は最大888倍 ZERO口座は最大500倍(※口座残高によるレバレッジ規制あり。残高2万ドル相当以上200倍,10万ドル相当以上100倍)
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア57種,コモディティ8種,貴金属4種,エネルギー5種,株価指数30種
ボーナス 口座開設ボーナス3000円,,入金ボーナス(500ドルに対して100%,4500ドルに対して20%,BITWALLET入金に対して2000ドルまで10%),トレード毎に貰えるXMP(※ZERO口座は口座開設ボーナス以外は対象外不適用。)
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,JCB)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,JCB),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス セーシェル金融庁

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第2位

2位 TitanFX

海外FXランキング2位TitanFX(タイタンFX)
口座タイプ スタンダード口座,ブレード口座(ECN)
プラットフォーム MT4(PC,Mac,Android,iOS対応),Titan FX Webトレーダー
レバレッジ スタンダード口座,ブレード口座ともに最大500倍
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄(FOREX,CFD) 通貨ペア63種,貴金属4種,エネルギー2種,株価指数9種
ボーナス ボーナスなし。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,Mastercard),国内銀行送金,海外電信送金(ワイヤー送金)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,Mastercard),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP),バヌアツ共和国金融庁(VFSC)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第3位

3位 AXIORY

海外FX比較ランキング3位AXIORY(アキシオリー)
口座タイプ スタンダード口座,ナノスプレッド口座(ECN)
プラットフォーム MT4,,cTrader, AxioryWebtrader他
レバレッジ スタンダード口座,ナノスプレッド口座ともに最大400倍
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア61種,コモディティ8種,貴金属4種,エネルギー2種,株価指数10種
ボーナス 基本的にはボーナスなし。過去にイベント・キャンペーン等により実施された経歴あり。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス ベリーズ国際金融サービス委員会 (IFSC)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第4位

4位 トレードビュー(Tradeview)

海外FX比較ランキング4位はTRADEVIEW(トレードビュー)
口座タイプ スタンダード口座,ILC口座(ECN)
プラットフォーム MT4,cTrader,Currenex
レバレッジ スタンダード最大400倍 ILC口座は最大200倍(デフォルトでは100倍設定、申請が必要。)
ロスカットレベル 維持率100%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア40種
ボーナス ボーナスなし。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,MasterCard,JCB),スティックペイ,エコペイズ,海外電信送金(ワイヤー送金)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,MasterCard,JCB),スティックペイ,エコペイズ,海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス CIMA(ケイマン諸島金融庁)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第5位

最近の投稿

FX

海外FX比較|海外FX取引を行なう際に出てくるスワップとは…。

投稿日:

レバレッジと申しますのは、預けた証拠金を踏まえて、最高でその25倍の「売り買い」が可能であるというシステムのことを指します。例えて言うと、50万円の証拠金でもって20倍のレバレッジをかけたとすると、1000万円という「売り買い」が可能です。
トレードを始めたばかりの人であったら、そんなに簡単なものではないと思われるテクニカル分析なのですが、チャートの根幹をなすパターンさえ頭に入れてしまえば、値動きの推測が一際容易になります。
テクニカル分析については、基本としてローソク足で表示したチャートを利用します。初心者からすれば複雑そうですが、確実に把握できるようになりますと、本当に使えます。
スワップポイントと申しますのは、「金利の差額」であると考えていただければと思いますが、現にもらえるスワップポイントは、海外FX会社に支払うことになる手数料を引いた額になります。
システムトレードにおきましては、自動売買プログラム(EA)の設定内容に従ってテクニカルポイントが到来した時に、システムが勝手に売り買いを完結してくれます。但し、自動売買プログラムに関しましては人が選択することが必要です。

海外FX取引を行なう際に出てくるスワップとは、外貨預金にもある「金利」だと考えてください。ですがまるで違う点があり、この「金利」は「受け取るばかりじゃなく支払うことだってある」のです。
スキャルピングという取引法は、割りかしイメージしやすい中期~長期の経済的な指標などは考慮しないで、勝つか負けるかわからない勝負を直感的に、かつ際限なく継続するというようなものだと思われます。
海外FXを行なう上での個人専用のレバレッジ倍率は、従来は最高が50倍だったことを思い起こせば、「今の規定上の最高25倍は決して高いとは言えない」と口にしている人がいるのも無理はありませんが、25倍でもきちんと利益をあげることはできます。
デモトレードを使うのは、概ね海外FXビビギナーだと言う方だと考えられるかもしれないですが、海外FXの熟練者も時折デモトレードを使用することがあると聞いています。例えば新しいトレード法のテストをする時などです。
FX会社に入金される収益はスプレッドが生み出していると言えるのですが、例を挙げますと豪ドルと日本円の「売り買い」の場合、FX会社は顧客に対して、その2通貨間の購入時と売却時の為替レートを適用するわけです。

トレンドが分かりやすい時間帯を選んで、その機を逃すことなく買いを入れるのがトレードにおいての肝になると言えます。デイトレードは勿論、「慌てない」「相場がどっちに転ぶかわからない時は引く」というのは、どんなトレード法で行なうにしても物凄く重要になるはずです。
スキャルピングに取り組むときは、極少の利幅でも強欲を捨て利益を確保するという心構えが必要不可欠です。「もっと伸びる等と考えることはしないこと」、「欲張る気持ちをなくすこと」が重要なのです。
スプレッド(≒手数料)については、その他の金融商品を鑑みると超格安です。正直言って、株式投資の場合は100万円以上の取り引きをしますと、1000円程は売買手数料を取られます。
スイングトレードをするつもりなら、どんなに短いとしても2~3日、長くなると何カ月にもなるというようなトレード方法になる為、常日頃のニュースなどを踏まえて、その後の世界の景気状況を類推し資金投入できます。
チャートの変動を分析して、いつ売買すべきかの判定をすることをテクニカル分析と称しますが、この分析さえ出来れば、売買すべきタイミングも分かるようになることでしょう。

-FX

Copyright© 海外FX人気優良業者 比較ランキング 2019年版 , 2019 All Rights Reserved.