海外FX人気優良業者 比較ランキング 2019年版

海外FX口座開設におススメの比較ランキング!海外FX優良業者はAXORY,TitanFX,XM,Land-FX,TradeView!億り人海外FX専業トレーダーが案内するこの5業社で決まり!信頼度と利用実績から見る海外FX人気業者ランキング。安心安全に利用出来る海外FXブローカー。

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第1位

1位 XMトレーディング(XMTRADING)

海外FX比較ランキング1位はXMTRADING(XMTRADING)

口座タイプ スタンダード口座,マイクロ口座,ZERO口座(ECN)
プラットフォーム MT4,MT5(WINDOWS,Mac,Android,iOS対応), MT4,MT5ウェブトレーダー
レバレッジ スタンダード,マイクロ口座は最大888倍 ZERO口座は最大500倍(※口座残高によるレバレッジ規制あり。残高2万ドル相当以上200倍,10万ドル相当以上100倍)
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア57種,コモディティ8種,貴金属4種,エネルギー5種,株価指数30種
ボーナス 口座開設ボーナス3000円,,入金ボーナス(500ドルに対して100%,4500ドルに対して20%,BITWALLET入金に対して2000ドルまで10%),トレード毎に貰えるXMP(※ZERO口座は口座開設ボーナス以外は対象外不適用。)
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,JCB)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,JCB),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス セーシェル金融庁

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第2位

2位 TitanFX

海外FXランキング2位TitanFX(タイタンFX)
口座タイプ スタンダード口座,ブレード口座(ECN)
プラットフォーム MT4(PC,Mac,Android,iOS対応),Titan FX Webトレーダー
レバレッジ スタンダード口座,ブレード口座ともに最大500倍
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄(FOREX,CFD) 通貨ペア63種,貴金属4種,エネルギー2種,株価指数9種
ボーナス ボーナスなし。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,Mastercard),国内銀行送金,海外電信送金(ワイヤー送金)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,Mastercard),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP),バヌアツ共和国金融庁(VFSC)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第3位

3位 AXIORY

海外FX比較ランキング3位AXIORY(アキシオリー)
口座タイプ スタンダード口座,ナノスプレッド口座(ECN)
プラットフォーム MT4,,cTrader, AxioryWebtrader他
レバレッジ スタンダード口座,ナノスプレッド口座ともに最大400倍
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア61種,コモディティ8種,貴金属4種,エネルギー2種,株価指数10種
ボーナス 基本的にはボーナスなし。過去にイベント・キャンペーン等により実施された経歴あり。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス ベリーズ国際金融サービス委員会 (IFSC)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第4位

4位 トレードビュー(Tradeview)

海外FX比較ランキング4位はTRADEVIEW(トレードビュー)
口座タイプ スタンダード口座,ILC口座(ECN)
プラットフォーム MT4,cTrader,Currenex
レバレッジ スタンダード最大400倍 ILC口座は最大200倍(デフォルトでは100倍設定、申請が必要。)
ロスカットレベル 維持率100%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア40種
ボーナス ボーナスなし。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,MasterCard,JCB),スティックペイ,エコペイズ,海外電信送金(ワイヤー送金)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,MasterCard,JCB),スティックペイ,エコペイズ,海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス CIMA(ケイマン諸島金融庁)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第5位

最近の投稿

FX

海外FX比較|海外FX特有のポジションと申しますのは…。

投稿日:

スプレッド(≒手数料)に関しては、それ以外の金融商品と海外FX口コミランキングで比較してみましても超割安です。正直なところ、株式投資だと100万円以上の「売り買い」をすれば、1000円程は売買手数料を取られます。
小さな金額の証拠金の入金で高額な取り引きが可能なレバレッジですが、見込んでいる通りに値が動きを見せれば然るべきリターンを獲得することができますが、その通りにならなかった場合は大きな損失を被ることになるわけです。
デモトレードを開始する時点では、FXに欠かせない証拠金がデモ口座(仮想の口座)に、数百万円単位の仮想通貨として入金されることになります。
スプレッドと言いますのは外貨を売買する際の価格差のことで、FX会社の収益になる売買手数料と同様なものですが、海外FX会社各々が個別にスプレッド幅を決めているのです。
「デモトレードをやってみて収益をあげることができた」としましても、実際のリアルトレードで利益を得られるかはやってみないとわからないのです。デモトレードに関しましては、はっきり言ってゲーム感覚を拭い去れません。

チャートの動きを分析して、売り時と買い時の判断をすることをテクニカル分析というわけですが、この分析さえ可能になれば、売買すべき時期を外すことも少なくなるでしょう。
スプレッドというものは、為替レートにおける「買値と売値の差」のことなのです。このスプレッドこそが海外FX会社を利用するためのコストであり、各海外FX会社でその設定数値が違うのです。
スキャルピングの正攻法は幾つもありますが、総じてファンダメンタルズ関連は一顧だにせずに、テクニカル指標だけを活用しています。
為替の動きを予測する時に必ず実施されるのが、ファンダメンタル分析とテクニカル分析ですが、より重要だと言えるのは「チャートの動きを分析して、将来的な値動きを類推する」テクニカル分析の方だと考えていいでしょう。
日本と比べると、海外の銀行の金利が高いということがあって、スワップ金利が付与されます。海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の差が、海外FXをすると付与されるスワップ金利です。

海外FXに取り組む上で、日本国以外の通貨を日本円で買いますと、それ相応のスワップポイントが付与されますが、高い金利の通貨で低い通貨を買うといった時は、残念ながらスワップポイントを払う必要が出てきます。
レバレッジと言いますのは、投入した証拠金を頼みに、最高でその25倍のトレードができるというシステムを意味します。例を挙げると、50万円の証拠金でもって20倍のレバレッジをかけたとしますと、1000万円の「売り・買い」ができるわけです。
海外FX特有のポジションと申しますのは、それなりの証拠金を送金して、豪ドル/円などの通貨ペアを売買することを意味しています。ついでに言いますと、外貨預金にはポジションというコンセプトは存在しておりません。
トレードをやったことがない人にとっては、困難であろうと考えられるテクニカル分析ではありますが、チャートの動きを決定づけるパターンさえ理解してしまえば、値動きの類推が非常にしやすくなるはずです。
海外FX口座開設に関してはタダとしている業者が多いので、ある程度手間暇は必要ですが、複数の業者で開設し現実に使用してみて、自分に最も合う海外FX業者を選択すべきでしょう。

-FX

Copyright© 海外FX人気優良業者 比較ランキング 2019年版 , 2019 All Rights Reserved.