海外FX人気優良業者 比較ランキング 2019年版

海外FX口座開設におススメの比較ランキング!海外FX優良業者はAXORY,TitanFX,XM,Land-FX,TradeView!億り人海外FX専業トレーダーが案内するこの5業社で決まり!信頼度と利用実績から見る海外FX人気業者ランキング。安心安全に利用出来る海外FXブローカー。

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第1位

1位 XMトレーディング(XMTRADING)

海外FX比較ランキング1位はXMTRADING(XMTRADING)

口座タイプ スタンダード口座,マイクロ口座,ZERO口座(ECN)
プラットフォーム MT4,MT5(WINDOWS,Mac,Android,iOS対応), MT4,MT5ウェブトレーダー
レバレッジ スタンダード,マイクロ口座は最大888倍 ZERO口座は最大500倍(※口座残高によるレバレッジ規制あり。残高2万ドル相当以上200倍,10万ドル相当以上100倍)
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア57種,コモディティ8種,貴金属4種,エネルギー5種,株価指数30種
ボーナス 口座開設ボーナス3000円,,入金ボーナス(500ドルに対して100%,4500ドルに対して20%,BITWALLET入金に対して2000ドルまで10%),トレード毎に貰えるXMP(※ZERO口座は口座開設ボーナス以外は対象外不適用。)
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,JCB)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,JCB),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス セーシェル金融庁

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第2位

2位 TitanFX

海外FXランキング2位TitanFX(タイタンFX)
口座タイプ スタンダード口座,ブレード口座(ECN)
プラットフォーム MT4(PC,Mac,Android,iOS対応),Titan FX Webトレーダー
レバレッジ スタンダード口座,ブレード口座ともに最大500倍
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄(FOREX,CFD) 通貨ペア63種,貴金属4種,エネルギー2種,株価指数9種
ボーナス ボーナスなし。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,Mastercard),国内銀行送金,海外電信送金(ワイヤー送金)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,Mastercard),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP),バヌアツ共和国金融庁(VFSC)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第3位

3位 AXIORY

海外FX比較ランキング3位AXIORY(アキシオリー)
口座タイプ スタンダード口座,ナノスプレッド口座(ECN)
プラットフォーム MT4,,cTrader, AxioryWebtrader他
レバレッジ スタンダード口座,ナノスプレッド口座ともに最大400倍
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア61種,コモディティ8種,貴金属4種,エネルギー2種,株価指数10種
ボーナス 基本的にはボーナスなし。過去にイベント・キャンペーン等により実施された経歴あり。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス ベリーズ国際金融サービス委員会 (IFSC)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第4位

4位 トレードビュー(Tradeview)

海外FX比較ランキング4位はTRADEVIEW(トレードビュー)
口座タイプ スタンダード口座,ILC口座(ECN)
プラットフォーム MT4,cTrader,Currenex
レバレッジ スタンダード最大400倍 ILC口座は最大200倍(デフォルトでは100倍設定、申請が必要。)
ロスカットレベル 維持率100%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア40種
ボーナス ボーナスなし。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,MasterCard,JCB),スティックペイ,エコペイズ,海外電信送金(ワイヤー送金)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,MasterCard,JCB),スティックペイ,エコペイズ,海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス CIMA(ケイマン諸島金融庁)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第5位

最近の投稿

FX

海外FX比較|海外FX取引を展開する中で出てくるスワップと称されているものは…。

投稿日:

トレンドが顕著になっている時間帯を選んで、その波にとって売買をするというのがトレードの基本です。デイトレードに限ったことではなく、「慌てない」「トレンドが定まらない時は静観する」というのは、どういったトレード法でやるにしても決して忘れてはいけないポイントです。
デモトレードを活用するのは、主として海外FX初心者の方だと思われるかもしれませんが、海外FXの名人と言われる人も積極的にデモトレードを活用することがあると聞きます。例えば新たに考えだしたトレード手法のテストの為です。
MT4で動く自動トレードプログラム(EA)の開発者は色々な国に存在しており、本当の運用状況であったり書き込みなどを基に、新規の自動売買ソフトの開発に邁進している状況です。
日本の銀行より海外の銀行の金利が高いということがあって、スワップ金利がもらえるのです。海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の差というものが、海外FXを行なう時に手にできるスワップ金利です。
スイングトレードの場合は、どんなに短期だとしても数日間、長い時は何カ月にも亘るという投資方法になる為、常日頃のニュースなどを踏まえて、近い将来の世の中の動きを想定し投資することができます。

システムトレードでも、新規に「売り・買い」を入れるという時に、証拠金余力が要される証拠金の額以上ないという状況ですと、新たに取り引きすることはできないことになっているのです。
チャートの形を分析して、買うタイミングと売るタイミングの決定をすることをテクニカル分析と称しますが、これさえ可能になったら、売買時期も理解できるようになること請け合いです。
海外FXをやりたいと言うなら、先ずもって行なっていただきたいのが、海外FX会社を海外FX評判ランキングで比較してあなたにピッタリの海外FX会社をピックアップすることだと考えます。海外FX評判ランキングで比較するにあたってのチェック項目が10個あるので、1個1個詳述いたします。
スワップというものは、海外FX取引を行なう際の二種類の通貨の金利の開きにより貰える利益のことを指します。金額にすれば小さなものですが、日に1回付与されるようになっているので、決して悪くはない利益だと思われます。
スキャルピングというトレード法は、どっちかと言うと想定しやすい中・長期に亘る経済的な変動などは意識せず、互角の勝負を即効で、かつ止めどなくやり続けるというようなものだと思われます。

海外FX口座開設の申し込み手続きを終えて、審査でOKとなったら「ログイン用のIDとPW」が郵便にて届けられるというのが基本的な流れではありますが、海外FX会社のいくつかはTELを利用して「必要事項確認」をしているそうです。
スプレッドというのは、取引を行なう際の「買値と売値の差額」のことを意味します。このスプレッドこそが海外FX会社の収益となるもので、海外FX会社それぞれでその設定金額が違うのです。
スイングトレードの強みは、「常時パソコンの取引画面にしがみついて、為替レートを確かめなくて良い」というところだと言え、自由になる時間が少ない人に丁度良いトレード法だと言えます。
海外FX取引を展開する中で出てくるスワップと称されているものは、外貨預金でも付く「金利」と同じようなものです。とは言っても完全に違う部分があり、この「金利」につきましては「貰うだけでなく徴収されることだってある」のです。
先々海外FXにチャレンジしようという人とか、海外FX会社を乗り換えてみようかと思案中の人を対象に、日本国内の海外FX会社を海外FX評判ランキングで比較し、各項目をレビューしております。是非閲覧してみてください。

-FX

Copyright© 海外FX人気優良業者 比較ランキング 2019年版 , 2019 All Rights Reserved.