海外FX人気優良業者 比較ランキング 2019年版

海外FX口座開設におススメの比較ランキング!海外FX優良業者はAXORY,TitanFX,XM,Land-FX,TradeView!億り人海外FX専業トレーダーが案内するこの5業社で決まり!信頼度と利用実績から見る海外FX人気業者ランキング。安心安全に利用出来る海外FXブローカー。

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第1位

1位 XMトレーディング(XMTRADING)

海外FX比較ランキング1位はXMTRADING(XMTRADING)

口座タイプ スタンダード口座,マイクロ口座,ZERO口座(ECN)
プラットフォーム MT4,MT5(WINDOWS,Mac,Android,iOS対応), MT4,MT5ウェブトレーダー
レバレッジ スタンダード,マイクロ口座は最大888倍 ZERO口座は最大500倍(※口座残高によるレバレッジ規制あり。残高2万ドル相当以上200倍,10万ドル相当以上100倍)
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア57種,コモディティ8種,貴金属4種,エネルギー5種,株価指数30種
ボーナス 口座開設ボーナス3000円,,入金ボーナス(500ドルに対して100%,4500ドルに対して20%,BITWALLET入金に対して2000ドルまで10%),トレード毎に貰えるXMP(※ZERO口座は口座開設ボーナス以外は対象外不適用。)
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,JCB)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,JCB),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス セーシェル金融庁

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第2位

2位 TitanFX

海外FXランキング2位TitanFX(タイタンFX)
口座タイプ スタンダード口座,ブレード口座(ECN)
プラットフォーム MT4(PC,Mac,Android,iOS対応),Titan FX Webトレーダー
レバレッジ スタンダード口座,ブレード口座ともに最大500倍
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄(FOREX,CFD) 通貨ペア63種,貴金属4種,エネルギー2種,株価指数9種
ボーナス ボーナスなし。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,Mastercard),国内銀行送金,海外電信送金(ワイヤー送金)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,Mastercard),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP),バヌアツ共和国金融庁(VFSC)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第3位

3位 AXIORY

海外FX比較ランキング3位AXIORY(アキシオリー)
口座タイプ スタンダード口座,ナノスプレッド口座(ECN)
プラットフォーム MT4,,cTrader, AxioryWebtrader他
レバレッジ スタンダード口座,ナノスプレッド口座ともに最大400倍
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア61種,コモディティ8種,貴金属4種,エネルギー2種,株価指数10種
ボーナス 基本的にはボーナスなし。過去にイベント・キャンペーン等により実施された経歴あり。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス ベリーズ国際金融サービス委員会 (IFSC)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第4位

4位 トレードビュー(Tradeview)

海外FX比較ランキング4位はTRADEVIEW(トレードビュー)
口座タイプ スタンダード口座,ILC口座(ECN)
プラットフォーム MT4,cTrader,Currenex
レバレッジ スタンダード最大400倍 ILC口座は最大200倍(デフォルトでは100倍設定、申請が必要。)
ロスカットレベル 維持率100%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア40種
ボーナス ボーナスなし。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,MasterCard,JCB),スティックペイ,エコペイズ,海外電信送金(ワイヤー送金)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,MasterCard,JCB),スティックペイ,エコペイズ,海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス CIMA(ケイマン諸島金融庁)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第5位

最近の投稿

FX

海外FX比較|私は概ねデイトレードで売買を行なっていましたが…。

投稿日:

こちらのサイトでは、スプレッドや手数料などを勘定に入れたトータルコストで海外FX会社をFX評判ランキングで比較した一覧表を確かめることができます。当然のことながら、コストというのは収益を圧迫しますから、入念にチェックすることが必須です。
昨今は多種多様な海外FX会社があり、各々がオリジナリティーのあるサービスを行なっています。それらのサービスで海外FX会社をFX評判ランキングで比較して、あなた自身にピッタリの海外FX会社を見つけることが最も大事だと言えます。
デイトレードというのは、完全に24時間ポジションを維持するというトレードを意味するのではなく、本当のところはニューヨークのマーケットがクローズする前に決済を終えてしまうというトレードのことを言います。
MT4向け自動売買プログラム(EA)のプログラマーは各国に存在していて、実際の運用状況であるとかリクエストなどを念頭において、新規の自動売買ソフトの開発に邁進している状況です。
スキャルピングというのは、一度の売買で数銭から数十銭ほどの僅かばかりの利幅を目指して、連日繰り返し取引を敢行して利益をストックし続ける、特異な売買手法なのです。

海外FX口座開設の申し込みを済ませ、審査でOKが出れば「ログイン用のIDとパスワード」が簡易書留などで郵送されてくるというのが通常の流れだと言えますが、特定の海外FX会社は電話を通して「リスク確認」を行なうとのことです。
私は概ねデイトレードで売買を行なっていましたが、ここ1年くらい前からは、より収益が期待できるスイングトレードを採用して売買しております。
海外FX会社毎に仮想通貨を使ってのデモトレード(トレード練習)環境を設けています。本物のお金を投資することなくトレード練習(デモトレード)ができますので、ファーストステップとして試してみてほしいと思います。
海外FXをやる上での個人対象のレバレッジ倍率は、かつては最高が50倍だったことを考えますと、「今現在の最高25倍は低い方だ」と主張している人が存在するのも理解できなくはないですが、25倍でも満足な利益を得ることができます。
海外FX用語の1つでもあるポジションと言いますのは、ある程度の証拠金を納付して、スイスフラン/円などの通貨ペアを売買することを言うのです。ついでに言いますと、外貨預金には「ポジション」という考え方は見当たりません。

スワップと言いますのは、海外FX取引を行なっていく中での二種類の通貨の金利差から手にすることができる利益のことを言います。金額としましてはそれほど大きなものではないですが、毎日毎日貰えることになっていますので、すごくありがたい利益だと考えています。
スイングトレードと言われているのは、トレードを行なうその日のトレンドにかかっている短期売買とは異なり、「これまで相場が如何なる値動きを見せてきたか?」といった分析が肝になるトレード方法だと言って間違いありません。
MT4と言いますのは、ロシアの企業が作った海外FXのトレーディングツールになります。利用料不要で使用でき、その上多機能搭載という理由で、現在海外FXトレーダーからの評価もアップしているそうです。
我が国より海外の銀行金利の方が高いというわけで、スワップ金利が貰えることになっているのです。海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の差というものが、海外FXをすると付与されるスワップ金利なのです。
チャートを見る場合に必要不可欠だとされているのが、テクニカル分析なのです。このウェブページでは、諸々あるテクニカル分析法を1個ずつステップバイステップで説明しております。

-FX

Copyright© 海外FX人気優良業者 比較ランキング 2019年版 , 2019 All Rights Reserved.