海外FX人気優良業者 比較ランキング 2019年版

海外FX口座開設におススメの比較ランキング!海外FX優良業者はAXORY,TitanFX,XM,Land-FX,TradeView!億り人海外FX専業トレーダーが案内するこの5業社で決まり!信頼度と利用実績から見る海外FX人気業者ランキング。安心安全に利用出来る海外FXブローカー。

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第1位

1位 XMトレーディング(XMTRADING)

海外FX比較ランキング1位はXMTRADING(XMTRADING)

口座タイプ スタンダード口座,マイクロ口座,ZERO口座(ECN)
プラットフォーム MT4,MT5(WINDOWS,Mac,Android,iOS対応), MT4,MT5ウェブトレーダー
レバレッジ スタンダード,マイクロ口座は最大888倍 ZERO口座は最大500倍(※口座残高によるレバレッジ規制あり。残高2万ドル相当以上200倍,10万ドル相当以上100倍)
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア57種,コモディティ8種,貴金属4種,エネルギー5種,株価指数30種
ボーナス 口座開設ボーナス3000円,,入金ボーナス(500ドルに対して100%,4500ドルに対して20%,BITWALLET入金に対して2000ドルまで10%),トレード毎に貰えるXMP(※ZERO口座は口座開設ボーナス以外は対象外不適用。)
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,JCB)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,JCB),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス セーシェル金融庁

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第2位

2位 TitanFX

海外FXランキング2位TitanFX(タイタンFX)
口座タイプ スタンダード口座,ブレード口座(ECN)
プラットフォーム MT4(PC,Mac,Android,iOS対応),Titan FX Webトレーダー
レバレッジ スタンダード口座,ブレード口座ともに最大500倍
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄(FOREX,CFD) 通貨ペア63種,貴金属4種,エネルギー2種,株価指数9種
ボーナス ボーナスなし。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,Mastercard),国内銀行送金,海外電信送金(ワイヤー送金)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,Mastercard),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP),バヌアツ共和国金融庁(VFSC)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第3位

3位 AXIORY

海外FX比較ランキング3位AXIORY(アキシオリー)
口座タイプ スタンダード口座,ナノスプレッド口座(ECN)
プラットフォーム MT4,,cTrader, AxioryWebtrader他
レバレッジ スタンダード口座,ナノスプレッド口座ともに最大400倍
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア61種,コモディティ8種,貴金属4種,エネルギー2種,株価指数10種
ボーナス 基本的にはボーナスなし。過去にイベント・キャンペーン等により実施された経歴あり。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス ベリーズ国際金融サービス委員会 (IFSC)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第4位

4位 トレードビュー(Tradeview)

海外FX比較ランキング4位はTRADEVIEW(トレードビュー)
口座タイプ スタンダード口座,ILC口座(ECN)
プラットフォーム MT4,cTrader,Currenex
レバレッジ スタンダード最大400倍 ILC口座は最大200倍(デフォルトでは100倍設定、申請が必要。)
ロスカットレベル 維持率100%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア40種
ボーナス ボーナスなし。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,MasterCard,JCB),スティックペイ,エコペイズ,海外電信送金(ワイヤー送金)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,MasterCard,JCB),スティックペイ,エコペイズ,海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス CIMA(ケイマン諸島金融庁)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第5位

最近の投稿

FX

海外FX比較|スイングトレードに関しては…。

投稿日:

スイングトレードに関しては、売買する当日のトレンドが影響を及ぼす短期売買から見ると、「今迄相場がどういった変化を見せてきたか?」といった分析が大事になるトレード方法だと言っていいでしょう。
5000米ドルを買って保持している状態のことを、「5000米ドルの買いポジションを持っている!」と言います。無論ドル高へと為替が動いた時には、売り払って利益を得るべきです。
為替の動きを予測する時に不可欠なのが、テクニカル分析とファンダメンタル分析ですが、より大事なのは「チャートの流れを読み取って、これからの為替の進捗を予想する」テクニカル分析だと言えるでしょう。
テクニカル分析をするという場合は、一般的にローソク足で描写したチャートを利用することになります。見た限りでは難しそうですが、100パーセント理解できるようになりますと、なくてはならないものになると思います。
スプレッドというのは外貨を売買する際の価格差のことで、FX会社の売り上げとなる売買手数料とも捉えられるものですが、各海外FX会社で独自にスプレッド幅を設定しているのです。

スキャルピングにつきましては、短時間の値動きを繰り返し利用する取引ですので、値動きが一定水準以上あることと、「買い」と「売り」の回数が多くなるので、取引のコストが少ない通貨ペアを取り扱うことが必須条件です。
初回入金額と言いますのは、海外FX口座開設が済んだ後に入金することになる最低必要金額のことです。最低金額を指定していない会社も見られますし、最低5万円といった金額設定をしている会社もあります。
最近では、どんな海外FX会社も売買手数料が無しということになっていますが、同じようなものとしてスプレッドがあり、このスプレッドこそが事実上の海外FX会社の利益ということになります。
テクニカル分析をする場合、やり方としては大きく分類してふた通りあります。チャートに描かれた内容を「人が分析する」というものと、「コンピューターが自動で分析する」というものです。
私自身はほぼデイトレードで売買を行なっていましたが、昨今はより収益を出すことができるスイングトレードを採用して売買をするようになりました。

「デモトレードをやってみて儲けることができた」と言っても、本当に投資をする現実のトレードで儲けを手にできる保証はありません。デモトレードというのは、正直言ってゲーム感覚で行なう人が大多数です。
ポジションにつきましては、「買いポジション」と「売りポジション」の2つがありますが、このポジションと言いますのは、「売り」または「買い」をしたまま、約定せずにその状態を保持し続けている注文のことを意味します。
MT4は現在一番多くの方に有効活用されている海外FX自動売買ツールだという背景もあり、自動売買プログラムのタイプが断然多いのも特徴だと言えるでしょう。
先々海外FXに取り組む人や、他の海外FX会社を利用してみようかと頭を悩ましている人に参考にしていただく為に、日本で展開している海外FX会社をFX比較し、ランキングの形で掲載しています。是非閲覧してみてください。
いくつかシステムトレードを検証しますと、他の海外FXプレーヤーが考えた、「しっかりと収益を出し続けている売買ロジック」を基に自動的に売買が完結するようになっているものが目立ちます。

-FX

Copyright© 海外FX人気優良業者 比較ランキング 2019年版 , 2019 All Rights Reserved.