海外FX人気優良業者 比較ランキング 2019年版

海外FX口座開設におススメの比較ランキング!海外FX優良業者はAXORY,TitanFX,XM,Land-FX,TradeView!億り人海外FX専業トレーダーが案内するこの5業社で決まり!信頼度と利用実績から見る海外FX人気業者ランキング。安心安全に利用出来る海外FXブローカー。

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第1位

1位 XMトレーディング(XMTRADING)

海外FX比較ランキング1位はXMTRADING(XMTRADING)

口座タイプ スタンダード口座,マイクロ口座,ZERO口座(ECN)
プラットフォーム MT4,MT5(WINDOWS,Mac,Android,iOS対応), MT4,MT5ウェブトレーダー
レバレッジ スタンダード,マイクロ口座は最大888倍 ZERO口座は最大500倍(※口座残高によるレバレッジ規制あり。残高2万ドル相当以上200倍,10万ドル相当以上100倍)
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア57種,コモディティ8種,貴金属4種,エネルギー5種,株価指数30種
ボーナス 口座開設ボーナス3000円,,入金ボーナス(500ドルに対して100%,4500ドルに対して20%,BITWALLET入金に対して2000ドルまで10%),トレード毎に貰えるXMP(※ZERO口座は口座開設ボーナス以外は対象外不適用。)
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,JCB)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,JCB),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス セーシェル金融庁

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第2位

2位 TitanFX

海外FXランキング2位TitanFX(タイタンFX)
口座タイプ スタンダード口座,ブレード口座(ECN)
プラットフォーム MT4(PC,Mac,Android,iOS対応),Titan FX Webトレーダー
レバレッジ スタンダード口座,ブレード口座ともに最大500倍
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄(FOREX,CFD) 通貨ペア63種,貴金属4種,エネルギー2種,株価指数9種
ボーナス ボーナスなし。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,Mastercard),国内銀行送金,海外電信送金(ワイヤー送金)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,Mastercard),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP),バヌアツ共和国金融庁(VFSC)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第3位

3位 AXIORY

海外FX比較ランキング3位AXIORY(アキシオリー)
口座タイプ スタンダード口座,ナノスプレッド口座(ECN)
プラットフォーム MT4,,cTrader, AxioryWebtrader他
レバレッジ スタンダード口座,ナノスプレッド口座ともに最大400倍
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア61種,コモディティ8種,貴金属4種,エネルギー2種,株価指数10種
ボーナス 基本的にはボーナスなし。過去にイベント・キャンペーン等により実施された経歴あり。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス ベリーズ国際金融サービス委員会 (IFSC)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第4位

4位 トレードビュー(Tradeview)

海外FX比較ランキング4位はTRADEVIEW(トレードビュー)
口座タイプ スタンダード口座,ILC口座(ECN)
プラットフォーム MT4,cTrader,Currenex
レバレッジ スタンダード最大400倍 ILC口座は最大200倍(デフォルトでは100倍設定、申請が必要。)
ロスカットレベル 維持率100%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア40種
ボーナス ボーナスなし。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,MasterCard,JCB),スティックペイ,エコペイズ,海外電信送金(ワイヤー送金)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,MasterCard,JCB),スティックペイ,エコペイズ,海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス CIMA(ケイマン諸島金融庁)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第5位

最近の投稿

FX

海外FX比較|デイトレードを実践するにあたっては…。

投稿日:

スキャルピングというのは、1回のトレードで数銭から数十銭程度という少ない利幅を得ることを目的に、日々何回もの取引を行なって薄利を取っていく、恐ろしく短期の取引き手法ということになります。
利益を獲得する為には、為替レートが新たに注文した際のレートよりも有利な方向に変化するまで待つことが不可欠です。この状態を「ポジションを保有する」と言っているのです。
デイトレードというものは、スキャルピングの売買間隔をある程度長くしたもので、だいたい数時間程度から1日以内に手仕舞いをしてしまうトレードだと言えます。
海外FXに取り組む上で、日本国以外の通貨を日本円で買うと、それなりのスワップポイントを手にすることができますが、高い金利の通貨で低い通貨を買うといった時は、逆にスワップポイントを払う羽目になります。
同一種類の通貨のケースでも、海外FX会社が違えば供されるスワップポイントは違ってくるのが普通です。海外FX関連のウェブサイトなどでしっかりと調べて、できるだけ有利な会社を選びましょう。

相場の傾向も認識できていない状態での短期取引ということになれば、失敗は目に見えています。どう考えても豊富な経験と知識が求められますから、いわゆる新参者にはスキャルピングは不向きです。
デイトレードを実践するにあたっては、どの通貨ペアで売買するかも大切だと言えます。現実問題として、大きく値が動く通貨ペアを選定しないと、デイトレードで大きな収益を生み出すことは困難だと言ってもいいでしょう。
スワップポイントと言いますのは、「金利の差額」だと考えていただければと思いますが、現実に手にすることができるスワップポイントは、海外FX会社に取られる手数料を相殺した額ということになります。
私の妻は重点的にデイトレードで取り引きをやってきたのですが、このところはより収益が期待できるスイングトレード手法を採って売買を行なうようにしています。
テクニカル分析と言いますのは、相場の変遷をチャートで表示し、更にはそのチャートを分析することで、その先の相場の値動きを読み解くという手法になります。このテクニカル分析は、取引する好機を探る際に有効なわけです。

FX取引に関しては、あたかも「てこ」の様にそれほど大きくない証拠金で、その額の数倍という取り引きが可能になっており、証拠金と現実の取り引き金額の割合を「レバレッジ」と呼ぶのです。
スキャルピングとは、数秒から数十秒という時間で僅かな利益を積み増していく超短期取引のことで、テクニカル指標であったりチャートを頼りに売り買いをするというものです。
スイングトレードのメリットは、「日々売買画面から離れずに、為替レートをチェックしなくて良い」というところだと言え、多忙な人にうってつけのトレード法ではないかと思います。
デモトレードの初期段階では、FXに必須の証拠金がデモ口座(仮想の口座)に、数十万~数百万円分仮想通貨として用意されます。
システムトレードにおきましても、新たに注文する時に、証拠金余力が必要証拠金の額より少額の場合は、新たに発注することはできないことになっています。

-FX

Copyright© 海外FX人気優良業者 比較ランキング 2019年版 , 2019 All Rights Reserved.