海外FX人気優良業者 比較ランキング 2019年版

海外FX口座開設におススメの比較ランキング!海外FX優良業者はAXORY,TitanFX,XM,Land-FX,TradeView!億り人海外FX専業トレーダーが案内するこの5業社で決まり!信頼度と利用実績から見る海外FX人気業者ランキング。安心安全に利用出来る海外FXブローカー。

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第1位

1位 XMトレーディング(XMTRADING)

海外FX比較ランキング1位はXMTRADING(XMTRADING)

口座タイプ スタンダード口座,マイクロ口座,ZERO口座(ECN)
プラットフォーム MT4,MT5(WINDOWS,Mac,Android,iOS対応), MT4,MT5ウェブトレーダー
レバレッジ スタンダード,マイクロ口座は最大888倍 ZERO口座は最大500倍(※口座残高によるレバレッジ規制あり。残高2万ドル相当以上200倍,10万ドル相当以上100倍)
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア57種,コモディティ8種,貴金属4種,エネルギー5種,株価指数30種
ボーナス 口座開設ボーナス3000円,,入金ボーナス(500ドルに対して100%,4500ドルに対して20%,BITWALLET入金に対して2000ドルまで10%),トレード毎に貰えるXMP(※ZERO口座は口座開設ボーナス以外は対象外不適用。)
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,JCB)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,JCB),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス セーシェル金融庁

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第2位

2位 TitanFX

海外FXランキング2位TitanFX(タイタンFX)
口座タイプ スタンダード口座,ブレード口座(ECN)
プラットフォーム MT4(PC,Mac,Android,iOS対応),Titan FX Webトレーダー
レバレッジ スタンダード口座,ブレード口座ともに最大500倍
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄(FOREX,CFD) 通貨ペア63種,貴金属4種,エネルギー2種,株価指数9種
ボーナス ボーナスなし。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,Mastercard),国内銀行送金,海外電信送金(ワイヤー送金)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,Mastercard),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP),バヌアツ共和国金融庁(VFSC)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第3位

3位 AXIORY

海外FX比較ランキング3位AXIORY(アキシオリー)
口座タイプ スタンダード口座,ナノスプレッド口座(ECN)
プラットフォーム MT4,,cTrader, AxioryWebtrader他
レバレッジ スタンダード口座,ナノスプレッド口座ともに最大400倍
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア61種,コモディティ8種,貴金属4種,エネルギー2種,株価指数10種
ボーナス 基本的にはボーナスなし。過去にイベント・キャンペーン等により実施された経歴あり。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス ベリーズ国際金融サービス委員会 (IFSC)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第4位

4位 トレードビュー(Tradeview)

海外FX比較ランキング4位はTRADEVIEW(トレードビュー)
口座タイプ スタンダード口座,ILC口座(ECN)
プラットフォーム MT4,cTrader,Currenex
レバレッジ スタンダード最大400倍 ILC口座は最大200倍(デフォルトでは100倍設定、申請が必要。)
ロスカットレベル 維持率100%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア40種
ボーナス ボーナスなし。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,MasterCard,JCB),スティックペイ,エコペイズ,海外電信送金(ワイヤー送金)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,MasterCard,JCB),スティックペイ,エコペイズ,海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス CIMA(ケイマン諸島金融庁)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第5位

最近の投稿

FX

海外FX業者|海外FX会社の多くが仮想通貨を使用してのデモトレード(トレード練習)環境を用意しています…。

投稿日:

デイトレードを行なう際には、どの通貨ペアを選択するかも非常に重要な課題です。正直言って、大きく値が動く通貨ペアで売買をしませんと、デイトレードで儲けを生み出すことは殆ど無理です。
海外FX会社をFX口コミランキングで比較する時に確認してほしいのは、取引条件でしょう。海外FX会社それぞれで「スワップ金利」などが異なるのが普通ですから、個人個人の投資に対する考え方にフィットする海外FX会社を、きちんとFX口コミランキングで比較した上で選択しましょう。
スキャルピングとは、ほんの僅かな時間で極少収益を確保していく超短期トレードのことで、テクニカル指標だったりチャートを活用して実践するというものです。
海外FX会社は1社1社特色があり、長所もあれば短所もあるのが当然なので、ビギナーだと言われる方は、「どの海外FX業者で海外FX口座開設をすれば間違いないのか?」などと悩むのではないかと推察します。
MT4というものは、ロシアの企業が開発した海外FX取引き用ソフトになります。費用なしで利用することができ、それに多機能実装ということもあって、目下のところ海外FXトレーダーからの評価もアップしているそうです。

スワップポイントというのは、「金利の差額」であると説明されますが、本当に獲得できるスワップポイントは、海外FX会社の収益とも言える手数料をマイナスした額ということになります。
スイングトレードと言われるのは、トレードを行なうその日のトレンドが結果を決定づける短期売買から見ると、「現在まで為替が如何なる値動きを見せてきたか?」といった分析が大事になるトレード法だと言えます。
テクニカル分析をやる場合は、原則的にはローソク足を時間ごとに並べたチャートを活用することになります。初心者からすればハードルが高そうですが、的確に理解できるようになりますと、投資の世界観も変わることでしょう。
海外FX会社の多くが仮想通貨を使用してのデモトレード(トレード練習)環境を用意しています。ご自身のお金を使うことなくデモトレード(トレード練習)ができますから、先ずはやってみるといいでしょう。
海外FXにおけるポジションと申しますのは、所定の証拠金を納付して、シンガポール・ドル/円などの通貨ペアを売り買いすることを言います。ついでに言うと、外貨預金にはポジションという考え方はありません。

我が国とFX口コミランキングで比較して、海外の銀行金利の方が高いというわけで、スワップ金利がもらえることになっています。海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の差が、海外FXを行なう時に手にできるスワップ金利というわけです。
MT4と言いますのは、プレステもしくはファミコンなどの器具と同じで、本体にプログラムされたソフトを挿入することで、ようやく海外FXトレードを始めることができるというものです。
テクニカル分析と呼ばれているのは、為替の変化をチャートという形で表示して、更にはそのチャートを基本に、直近の相場の値動きを読み解くという分析法になります。このテクニカル分析は、取引する好機を探る際に行なわれます。
チャートの値動きを分析して、売買するタイミングを判断することをテクニカル分析というわけですが、このテクニカル分析が可能になったら、買う時期と売る時期を外すことも少なくなるでしょう。
方向性がはっきりしやすい時間帯を掴んで、その波にとって売買をするというのがトレードに取り組む上での重要ポイントです。デイトレードだけに限らず、「心を落ち着かせる」「自分が得意な相場の時だけ勝負する」というのは、どのようなトレード方法を採用しようとも是非頭に入れておくべき事項です。

-FX

Copyright© 海外FX人気優良業者 比較ランキング 2019年版 , 2019 All Rights Reserved.