海外FX人気優良業者 比較ランキング 2019年版

海外FX口座開設におススメの比較ランキング!海外FX優良業者はAXORY,TitanFX,XM,Land-FX,TradeView!億り人海外FX専業トレーダーが案内するこの5業社で決まり!信頼度と利用実績から見る海外FX人気業者ランキング。安心安全に利用出来る海外FXブローカー。

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第1位

1位 XMトレーディング(XMTRADING)

海外FX比較ランキング1位はXMTRADING(XMTRADING)

口座タイプ スタンダード口座,マイクロ口座,ZERO口座(ECN)
プラットフォーム MT4,MT5(WINDOWS,Mac,Android,iOS対応), MT4,MT5ウェブトレーダー
レバレッジ スタンダード,マイクロ口座は最大888倍 ZERO口座は最大500倍(※口座残高によるレバレッジ規制あり。残高2万ドル相当以上200倍,10万ドル相当以上100倍)
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア57種,コモディティ8種,貴金属4種,エネルギー5種,株価指数30種
ボーナス 口座開設ボーナス3000円,,入金ボーナス(500ドルに対して100%,4500ドルに対して20%,BITWALLET入金に対して2000ドルまで10%),トレード毎に貰えるXMP(※ZERO口座は口座開設ボーナス以外は対象外不適用。)
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,JCB)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,JCB),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス セーシェル金融庁

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第2位

2位 TitanFX

海外FXランキング2位TitanFX(タイタンFX)
口座タイプ スタンダード口座,ブレード口座(ECN)
プラットフォーム MT4(PC,Mac,Android,iOS対応),Titan FX Webトレーダー
レバレッジ スタンダード口座,ブレード口座ともに最大500倍
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄(FOREX,CFD) 通貨ペア63種,貴金属4種,エネルギー2種,株価指数9種
ボーナス ボーナスなし。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,Mastercard),国内銀行送金,海外電信送金(ワイヤー送金)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,Mastercard),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP),バヌアツ共和国金融庁(VFSC)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第3位

3位 AXIORY

海外FX比較ランキング3位AXIORY(アキシオリー)
口座タイプ スタンダード口座,ナノスプレッド口座(ECN)
プラットフォーム MT4,,cTrader, AxioryWebtrader他
レバレッジ スタンダード口座,ナノスプレッド口座ともに最大400倍
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア61種,コモディティ8種,貴金属4種,エネルギー2種,株価指数10種
ボーナス 基本的にはボーナスなし。過去にイベント・キャンペーン等により実施された経歴あり。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス ベリーズ国際金融サービス委員会 (IFSC)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第4位

4位 トレードビュー(Tradeview)

海外FX比較ランキング4位はTRADEVIEW(トレードビュー)
口座タイプ スタンダード口座,ILC口座(ECN)
プラットフォーム MT4,cTrader,Currenex
レバレッジ スタンダード最大400倍 ILC口座は最大200倍(デフォルトでは100倍設定、申請が必要。)
ロスカットレベル 維持率100%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア40種
ボーナス ボーナスなし。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,MasterCard,JCB),スティックペイ,エコペイズ,海外電信送金(ワイヤー送金)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,MasterCard,JCB),スティックペイ,エコペイズ,海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス CIMA(ケイマン諸島金融庁)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第5位

最近の投稿

FX

海外FX業者|海外FX取引を進める中で耳にするスワップと言いますのは…。

投稿日:

海外FXにおきましては、「外貨を売る」という状態から取引を開始することも可能なわけですが、このように外貨を所有することなく「外貨を売却したままの状態」のことも、「ポジションを持っている」ということになります。
海外FX取引を進める中で耳にするスワップと言いますのは、外貨預金の「金利」だと考えると分かりやすいでしょう。とは言え著しく異なる点があり、この「金利」に関しましては「貰うのみならず払うことが要される時もある」のです。
レバレッジと申しますのは、送金した証拠金を元手として、最高でその額の25倍の「売り買い」が可能であるという仕組みのことを指しています。一例をあげますと、50万円の証拠金で20倍のレバレッジをかけたとすると、1000万円もの「売り・買い」が可能なわけです。
システムトレードだとしても、新たにポジションを持つ場合に、証拠金余力が必要とされる証拠金の額を上回っていない場合は、新たに売買することは不可能となっています。
海外FXをやっていく上で、海外で流通している通貨を日本円で買うと、それなりのスワップポイントを手にすることができますが、高い金利設定の通貨で低い通貨を買う際は、お察しの通りスワップポイントを徴収されるというわけです。

海外FX特有のポジションというのは、保証金的な役割を担う証拠金を納付して、円/米ドルなどの通貨ペアを買ったり売ったりすることを意味するわけです。因みに、外貨預金にはポジションというコンセプトは存在しておりません。
海外FXを始めるつもりなら、さしあたって行なうべきなのが、海外FX会社をFX比較ランキングで比較してご自身に見合う海外FX会社を見つけることです。FX比較ランキングで比較するためのチェック項目が10項目ございますので、1項目ずつご案内させていただきます。
いつかは海外FXに取り組もうという人とか、海外FX会社をチェンジしてみようかと考慮中の人に役立てていただこうと、国内にある海外FX会社をFX比較ランキングで比較し、ランキングの形で掲載しました。よろしければ閲覧してみてください。
大体の海外FX会社が仮想通貨を用いた仮想トレード(デモトレード)環境を用意しています。現実のお金を費やすことなくデモトレード(トレード練習)ができるので、積極的にトライしてほしいですね。
海外FX取引もいろいろありますが、一番取り組んでいる人が多い取引スタイルだとされているのが「デイトレード」です。1日単位で貰える利益を地道にものにするというのが、このトレードの進め方だと言えます。

スキャルピングと言われているのは、1取り引きで1円以下というほんの少ししかない利幅を目標に、毎日毎日連続して取引を行なって薄利を積み上げる、異常とも言える取り引き手法です。
MT4を推奨する理由のひとつが、チャート画面より容易に注文を入れることが可能だということです。チャートの動きをチェックしている最中に、そのチャートを右クリックさえすれば、注文画面が開くようになっています。
「忙しくて昼間の時間帯にチャートを確かめるなんて困難だろう」、「為替変動にも直結する経済指標などをタイミングよく確認できない」とおっしゃる方でも、スイングトレードのやり方ならまったく心配することはありません。
海外FXに関する個人対象のレバレッジ倍率は、一昔前までは最高が50倍だったので、「ここ数年の最高25倍は大したことがない」と話す方を目にするのも理解できなくはないですが、25倍だとしても想像以上の収益にはなります。
テクニカル分析と呼ばれているのは、相場の動きをチャートの形で記録し、更にはそのチャートを参考に、それから先の為替の値動きを予想するという分析方法です。これは、取り引きすべきタイミングを計る時に行なわれます。

-FX

Copyright© 海外FX人気優良業者 比較ランキング 2019年版 , 2019 All Rights Reserved.