海外FX人気優良業者 比較ランキング 2019年版

海外FX口座開設におススメの比較ランキング!海外FX優良業者はAXORY,TitanFX,XM,Land-FX,TradeView!億り人海外FX専業トレーダーが案内するこの5業社で決まり!信頼度と利用実績から見る海外FX人気業者ランキング。安心安全に利用出来る海外FXブローカー。

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第1位

1位 XMトレーディング(XMTRADING)

海外FX比較ランキング1位はXMTRADING(XMTRADING)

口座タイプ スタンダード口座,マイクロ口座,ZERO口座(ECN)
プラットフォーム MT4,MT5(WINDOWS,Mac,Android,iOS対応), MT4,MT5ウェブトレーダー
レバレッジ スタンダード,マイクロ口座は最大888倍 ZERO口座は最大500倍(※口座残高によるレバレッジ規制あり。残高2万ドル相当以上200倍,10万ドル相当以上100倍)
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア57種,コモディティ8種,貴金属4種,エネルギー5種,株価指数30種
ボーナス 口座開設ボーナス3000円,,入金ボーナス(500ドルに対して100%,4500ドルに対して20%,BITWALLET入金に対して2000ドルまで10%),トレード毎に貰えるXMP(※ZERO口座は口座開設ボーナス以外は対象外不適用。)
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,JCB)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,JCB),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス セーシェル金融庁

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第2位

2位 TitanFX

海外FXランキング2位TitanFX(タイタンFX)
口座タイプ スタンダード口座,ブレード口座(ECN)
プラットフォーム MT4(PC,Mac,Android,iOS対応),Titan FX Webトレーダー
レバレッジ スタンダード口座,ブレード口座ともに最大500倍
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄(FOREX,CFD) 通貨ペア63種,貴金属4種,エネルギー2種,株価指数9種
ボーナス ボーナスなし。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,Mastercard),国内銀行送金,海外電信送金(ワイヤー送金)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,Mastercard),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP),バヌアツ共和国金融庁(VFSC)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第3位

3位 AXIORY

海外FX比較ランキング3位AXIORY(アキシオリー)
口座タイプ スタンダード口座,ナノスプレッド口座(ECN)
プラットフォーム MT4,,cTrader, AxioryWebtrader他
レバレッジ スタンダード口座,ナノスプレッド口座ともに最大400倍
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア61種,コモディティ8種,貴金属4種,エネルギー2種,株価指数10種
ボーナス 基本的にはボーナスなし。過去にイベント・キャンペーン等により実施された経歴あり。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス ベリーズ国際金融サービス委員会 (IFSC)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第4位

4位 トレードビュー(Tradeview)

海外FX比較ランキング4位はTRADEVIEW(トレードビュー)
口座タイプ スタンダード口座,ILC口座(ECN)
プラットフォーム MT4,cTrader,Currenex
レバレッジ スタンダード最大400倍 ILC口座は最大200倍(デフォルトでは100倍設定、申請が必要。)
ロスカットレベル 維持率100%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア40種
ボーナス ボーナスなし。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,MasterCard,JCB),スティックペイ,エコペイズ,海外電信送金(ワイヤー送金)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,MasterCard,JCB),スティックペイ,エコペイズ,海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス CIMA(ケイマン諸島金融庁)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第5位

最近の投稿

FX

海外FX業者|日本の銀行より海外の銀行の金利が高いというわけで…。

投稿日:

チャートの動きを分析して、売買する時期の判定をすることをテクニカル分析という名で呼びますが、この分析が可能になれば、売買すべきタイミングも理解できるようになること請け合いです。
現実には、本番トレード環境とデモトレードの環境を対比させてみますと、本番のトレード環境の方が「それぞれのトレードあたり1pips程度利益が減少する」と想定した方がいいでしょう。
デイトレードに取り組む場合は、どの通貨ペアで売買するかも重要なのです。正直言いまして、値幅の大きい通貨ペアをセレクトしないと、デイトレードで収益をあげることは殆ど無理です。
売買する際の金額に差を設定するスプレッドは、FX会社は言うまでもなく銀行でも異なる名前で取り入れています。しかもびっくりするでしょうが、その手数料たるや海外FX会社のおよそ200倍というところが少なくありません。
小さな金額の証拠金の入金で大きな売買が可能なレバレッジですが、思い描いている通りに値が進んでくれればビッグなリターンを獲得することができますが、逆になろうものならそれなりの損を出すことになります。

システムトレードでも、新たに取り引きするという場合に、証拠金余力が必要となる証拠金の額以上ないという状況ですと、新規に注文することは不可能とされています。
FX会社の口座に入る収益はスプレッドを設定しているからなのですが、例えて言えばカナダドルと日本円の売買の場合、FX会社はユーザーに向けて、その海外通貨の買いと売りの為替レートを適用することになるのです。
海外FXをやる時は、「外貨を売る」ということから取引に入ることも可能なのですが、このように外貨を保有することなく「外貨を売却した状態」のことも、「ポジションを持っている」と言うのです。
海外FX取引完全初心者の方からすれば、困難だろうと思われるテクニカル分析ですが、チャートのポイントとなるパターンさえ押さえてしまえば、値動きの予想が段違いに容易くなると明言します。
海外FXの取引は、「ポジションを建てる~決済する」を反復することです。単純なことのように考えるかもしれないですが、ポジションを建てるタイミングであるとか決済を決断するタイミングは、すごく難しいと断言します。

海外FX会社を海外FX評判ランキングで比較するという場面で大切になってくるのは、取引条件です。海外FX会社個々に「スワップ金利」等の条件が違いますので、個々人のトレードに対する考え方に合う海外FX会社を、十分に海外FX評判ランキングで比較した上で選択しましょう。
日本の銀行より海外の銀行の金利が高いというわけで、スワップ金利が与えられるのです。海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の差というものが、海外FXをする時に獲得するスワップ金利なのです。
海外FXをやる上での個人を対象にしたレバレッジ倍率は、一昔前までは最高が50倍だったことを考えたら、「ここ数年の最高25倍は低いと感じてしまう」と口にする方が存在するのも当然ではありますが、25倍だと言ってもしっかりと収益を確保できます。
デモトレードをスタートするという時点では、FXに不可欠な証拠金がデモ口座(仮想口座)に、数百万円という金額の仮想マネーとして用意してもらえます。
海外FX口座開設に掛かる費用というのは、無料になっている業者がほとんどですから、もちろん時間は掛かりますが、複数の業者で開設し実際に操作してみて、各々にしっくりくる海外FX業者を絞ってほしいと思います。

-FX

Copyright© 海外FX人気優良業者 比較ランキング 2019年版 , 2019 All Rights Reserved.