海外FX人気優良業者 比較ランキング 2019年版

海外FX口座開設におススメの比較ランキング!海外FX優良業者はAXORY,TitanFX,XM,Land-FX,TradeView!億り人海外FX専業トレーダーが案内するこの5業社で決まり!信頼度と利用実績から見る海外FX人気業者ランキング。安心安全に利用出来る海外FXブローカー。

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第1位

1位 XMトレーディング(XMTRADING)

海外FX比較ランキング1位はXMTRADING(XMTRADING)

口座タイプ スタンダード口座,マイクロ口座,ZERO口座(ECN)
プラットフォーム MT4,MT5(WINDOWS,Mac,Android,iOS対応), MT4,MT5ウェブトレーダー
レバレッジ スタンダード,マイクロ口座は最大888倍 ZERO口座は最大500倍(※口座残高によるレバレッジ規制あり。残高2万ドル相当以上200倍,10万ドル相当以上100倍)
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア57種,コモディティ8種,貴金属4種,エネルギー5種,株価指数30種
ボーナス 口座開設ボーナス3000円,,入金ボーナス(500ドルに対して100%,4500ドルに対して20%,BITWALLET入金に対して2000ドルまで10%),トレード毎に貰えるXMP(※ZERO口座は口座開設ボーナス以外は対象外不適用。)
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,JCB)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,JCB),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス セーシェル金融庁

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第2位

2位 TitanFX

海外FXランキング2位TitanFX(タイタンFX)
口座タイプ スタンダード口座,ブレード口座(ECN)
プラットフォーム MT4(PC,Mac,Android,iOS対応),Titan FX Webトレーダー
レバレッジ スタンダード口座,ブレード口座ともに最大500倍
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄(FOREX,CFD) 通貨ペア63種,貴金属4種,エネルギー2種,株価指数9種
ボーナス ボーナスなし。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,Mastercard),国内銀行送金,海外電信送金(ワイヤー送金)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,Mastercard),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP),バヌアツ共和国金融庁(VFSC)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第3位

3位 AXIORY

海外FX比較ランキング3位AXIORY(アキシオリー)
口座タイプ スタンダード口座,ナノスプレッド口座(ECN)
プラットフォーム MT4,,cTrader, AxioryWebtrader他
レバレッジ スタンダード口座,ナノスプレッド口座ともに最大400倍
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア61種,コモディティ8種,貴金属4種,エネルギー2種,株価指数10種
ボーナス 基本的にはボーナスなし。過去にイベント・キャンペーン等により実施された経歴あり。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス ベリーズ国際金融サービス委員会 (IFSC)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第4位

4位 トレードビュー(Tradeview)

海外FX比較ランキング4位はTRADEVIEW(トレードビュー)
口座タイプ スタンダード口座,ILC口座(ECN)
プラットフォーム MT4,cTrader,Currenex
レバレッジ スタンダード最大400倍 ILC口座は最大200倍(デフォルトでは100倍設定、申請が必要。)
ロスカットレベル 維持率100%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア40種
ボーナス ボーナスなし。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,MasterCard,JCB),スティックペイ,エコペイズ,海外電信送金(ワイヤー送金)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,MasterCard,JCB),スティックペイ,エコペイズ,海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス CIMA(ケイマン諸島金融庁)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第5位

最近の投稿

FX

海外FX業者|実際のところは…。

投稿日:

テクニカル分析をやる場合は、一般的にローソク足を時系列的に描写したチャートを利用することになります。見た限りでは容易ではなさそうですが、しっかりと読み取れるようになりますと、無くてはならないものになるはずです。
「常日頃チャートを閲覧するなんて困難だろう」、「為替に影響を齎す経済指標などを遅れることなく確認することができない」と思っている方でも、スイングトレードであればそんな心配は要りません。
システムトレードについては、人の思いだったり判断をオミットすることを狙った海外FX手法ですが、そのルールを確定するのは人になるので、そのルールがずっと有効に機能するわけではないので注意しましょう。
「デモトレードに勤しんでも、現実に被害を被らないので、精神的な経験を積むことが困難だ!」、「汗水垂らして稼いだお金で売買をやってこそ、初めて経験を積むことができるのだ!」とおっしゃる方も結構いらっしゃいます。
高い金利の通貨だけをチョイスして、その後保有することでスワップポイントをゲットすることができるので、このスワップポイントを得ようと海外FXに取り組む人も多いようです。

デイトレードと言いましても、「毎日売り・買いをし収益を出そう」などという考え方はお勧めできません。良くない投資環境の時にトレードをして、考えとは逆に資金をなくすことになるようでは必ず後悔することになります。
海外FX取引で出てくるスワップと称されているものは、外貨預金の「金利」だと考えていいでしょう。だけど丸っきし異なる部分があり、スワップという「金利」については「貰うばっかりではなく徴収されることだってある」のです。
収益をゲットするためには、為替レートが注文を入れた時点でのレートよりも有利な方向に変化するまで待つことが必要です。この状態を「ポジションを保有する」と表現するのです。
実際のところは、本番トレード環境とデモトレードの環境を対比させてみますと、本番トレード環境の方が「1回のトレードあたり1ピップス位利益が減る」と認識した方が正解でしょう。
初回入金額というのは、海外FX口座開設が完了した後に入金することが要される最低必要金額のことです。最低金額を設定していない会社も見受けられますが、50000とか100000円以上といった金額設定をしている所もあるのです。

システムトレードに関しても、新規に注文を入れるタイミングに、証拠金余力が必要とされる証拠金額以上ないという状況ですと、新たに「売り・買い」を入れることは認められないことになっています。
レバレッジを有効活用すれば、証拠金が低額でも最大25倍もの売買に挑戦することができ、たくさんの利益も見込めますが、それに付随するようにリスクも高くなるわけですから、無謀なことはしないでレバレッジ設定することが不可欠です。
テクニカル分析と称されているのは、相場の時系列的な動きをチャートの形で図示して、更にはそのチャートをベースに、それから先の為替の値動きを類推するというものなのです。これは、売買すべき時期を把握する際に実施されます。
スワップとは、売買の対象となる2つの通貨の金利の開きによりもらうことが可能な利益のことを指します。金額的には少々というレベルですが、ポジションを保有している間貰えますので、決して悪くはない利益だと感じます。
「それぞれの海外FX会社が提供しているサービス内容を把握する時間がそれほどない」といった方も稀ではないでしょう。そんな方の為に、それぞれのサービスで海外FX会社をFX比較ランキングで比較し、ランキング形式で並べました。

-FX

Copyright© 海外FX人気優良業者 比較ランキング 2019年版 , 2019 All Rights Reserved.