海外FX人気優良業者 比較ランキング 2019年版

海外FX口座開設におススメの比較ランキング!海外FX優良業者はAXORY,TitanFX,XM,Land-FX,TradeView!億り人海外FX専業トレーダーが案内するこの5業社で決まり!信頼度と利用実績から見る海外FX人気業者ランキング。安心安全に利用出来る海外FXブローカー。

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第1位

1位 XMトレーディング(XMTRADING)

海外FX比較ランキング1位はXMTRADING(XMTRADING)

口座タイプ スタンダード口座,マイクロ口座,ZERO口座(ECN)
プラットフォーム MT4,MT5(WINDOWS,Mac,Android,iOS対応), MT4,MT5ウェブトレーダー
レバレッジ スタンダード,マイクロ口座は最大888倍 ZERO口座は最大500倍(※口座残高によるレバレッジ規制あり。残高2万ドル相当以上200倍,10万ドル相当以上100倍)
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア57種,コモディティ8種,貴金属4種,エネルギー5種,株価指数30種
ボーナス 口座開設ボーナス3000円,,入金ボーナス(500ドルに対して100%,4500ドルに対して20%,BITWALLET入金に対して2000ドルまで10%),トレード毎に貰えるXMP(※ZERO口座は口座開設ボーナス以外は対象外不適用。)
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,JCB)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,JCB),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス セーシェル金融庁

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第2位

2位 TitanFX

海外FXランキング2位TitanFX(タイタンFX)
口座タイプ スタンダード口座,ブレード口座(ECN)
プラットフォーム MT4(PC,Mac,Android,iOS対応),Titan FX Webトレーダー
レバレッジ スタンダード口座,ブレード口座ともに最大500倍
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄(FOREX,CFD) 通貨ペア63種,貴金属4種,エネルギー2種,株価指数9種
ボーナス ボーナスなし。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,Mastercard),国内銀行送金,海外電信送金(ワイヤー送金)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,Mastercard),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP),バヌアツ共和国金融庁(VFSC)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第3位

3位 AXIORY

海外FX比較ランキング3位AXIORY(アキシオリー)
口座タイプ スタンダード口座,ナノスプレッド口座(ECN)
プラットフォーム MT4,,cTrader, AxioryWebtrader他
レバレッジ スタンダード口座,ナノスプレッド口座ともに最大400倍
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア61種,コモディティ8種,貴金属4種,エネルギー2種,株価指数10種
ボーナス 基本的にはボーナスなし。過去にイベント・キャンペーン等により実施された経歴あり。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス ベリーズ国際金融サービス委員会 (IFSC)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第4位

4位 トレードビュー(Tradeview)

海外FX比較ランキング4位はTRADEVIEW(トレードビュー)
口座タイプ スタンダード口座,ILC口座(ECN)
プラットフォーム MT4,cTrader,Currenex
レバレッジ スタンダード最大400倍 ILC口座は最大200倍(デフォルトでは100倍設定、申請が必要。)
ロスカットレベル 維持率100%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア40種
ボーナス ボーナスなし。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,MasterCard,JCB),スティックペイ,エコペイズ,海外電信送金(ワイヤー送金)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,MasterCard,JCB),スティックペイ,エコペイズ,海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス CIMA(ケイマン諸島金融庁)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第5位

最近の投稿

FX

海外FX業者|スイングトレードで収益をあげるためにはそれなりの売買の仕方があるのですが…。

投稿日:

本サイトでは、スプレッドとか手数料などを考慮したトータルコストにて海外FX会社をFX比較ランキングで比較した一覧表を確かめることができます。当然のことながら、コストというものは利益を下げることになりますので、徹底的に確かめることが肝心だと言えます。
5000米ドルを買って持っている状態のことを、「5000米ドルの買いポジションを持っている」というふうに言います。当然ですがドル高へと進展した時には、売り決済をして利益を得るべきです。
スイングトレードで収益をあげるためにはそれなりの売買の仕方があるのですが、それに関しましてもスイングトレードの基本を修得していることが前提条件です。何よりもまずスイングトレードの基本をマスターすることを意識してください。
スキャルピングとは、本当に短い時間で数銭~数十銭という利益をゲットしていく超短期トレードのことで、チャートであるとかテクニカル指標を頼りに売り買いをするというものです。
「デモトレードを実施してみて利益をあげられた」からと言いましても、実際的なリアルトレードで儲けを手にできる保証はないと考えた方が賢明です。デモトレードというものは、残念ながら遊び感覚で行なってしまうことが大半です。

「それぞれの海外FX会社が提供しているサービス内容を確かめる時間が確保できない」というような方も多いと考えます。そうした方に活用していただくべく、それぞれのサービスの中身で海外FX会社をFX比較ランキングで比較し、ランキング形式で並べました。
スイングトレードと言いますのは、売買をするその日のトレンドにかかっている短期売買から見ると、「今日まで相場がどんな動向を見せてきたか?」といった分析が結果に結び付くトレード方法だと言って間違いありません。
テクニカル分析と呼ばれるのは、為替の時系列的な値動きをチャートで示し、更にはそのチャートを踏まえて、直近の値動きを読み解くという分析法になります。このテクニカル分析は、いつ取引したらいいかを認識する際に役に立ちます。
海外FX口座開設の申し込みを終え、審査にパスしたら「ログイン用のIDとパスワード」が簡易書留等を使って届けられるというのが通常の流れですが、ごく少数の海外FX会社はTELで「必要事項確認」を行なっています。
スキャルピングに関しましては、数秒から数十秒の値動きを何度も利用することになりますから、値動きがある程度あることと、「買い・売り」の回数がかなりの数にのぼりますので、取引を行なうサイト経費が小さい通貨ペアを対象にすることが必須条件です。

レバレッジというのは、FXをやり進める中で絶対と言っていいほど使用されるシステムだと思いますが、実際に投資に回せる資金以上のトレードができますから、それほど多くない証拠金で物凄い収益を手にすることもできなくなありません。
その日の内で、為替が大きく振れる機会を逃さずに取引するのがデイトレードなのです。スワップ収入を狙うのではなく、その日ごとにトレードを繰り返して、その都度小さな額でもいいので儲けを積み重ねるというトレード方法です。
ポジションについては、「買いポジション」と「売りポジション」の2つがありますが、このポジションと言いますのは、「買い」または「売り」の取り引きをしたまま、約定することなくその状態をキープしている注文のことを言うのです。
海外FXにおいて、海外通貨を日本円で買いますと、金利差によるスワップポイントが貰えることになりますが、金利が高く設定されている通貨で低い通貨を買う際は、残念ながらスワップポイントを徴収されることになります。
FX取引においては、「てこ」の原理と同様に小さい額の証拠金で、最高で25倍という取り引きが認められており、証拠金と事実上の取り引き金額の比率を「レバレッジ」と称しています。

-FX

Copyright© 海外FX人気優良業者 比較ランキング 2019年版 , 2019 All Rights Reserved.