海外FX人気優良業者 比較ランキング 2019年版

海外FX口座開設におススメの比較ランキング!海外FX優良業者はAXORY,TitanFX,XM,Land-FX,TradeView!億り人海外FX専業トレーダーが案内するこの5業社で決まり!信頼度と利用実績から見る海外FX人気業者ランキング。安心安全に利用出来る海外FXブローカー。

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第1位

1位 XMトレーディング(XMTRADING)

海外FX比較ランキング1位はXMTRADING(XMTRADING)

口座タイプ スタンダード口座,マイクロ口座,ZERO口座(ECN)
プラットフォーム MT4,MT5(WINDOWS,Mac,Android,iOS対応), MT4,MT5ウェブトレーダー
レバレッジ スタンダード,マイクロ口座は最大888倍 ZERO口座は最大500倍(※口座残高によるレバレッジ規制あり。残高2万ドル相当以上200倍,10万ドル相当以上100倍)
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア57種,コモディティ8種,貴金属4種,エネルギー5種,株価指数30種
ボーナス 口座開設ボーナス3000円,,入金ボーナス(500ドルに対して100%,4500ドルに対して20%,BITWALLET入金に対して2000ドルまで10%),トレード毎に貰えるXMP(※ZERO口座は口座開設ボーナス以外は対象外不適用。)
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,JCB)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,JCB),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス セーシェル金融庁

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第2位

2位 TitanFX

海外FXランキング2位TitanFX(タイタンFX)
口座タイプ スタンダード口座,ブレード口座(ECN)
プラットフォーム MT4(PC,Mac,Android,iOS対応),Titan FX Webトレーダー
レバレッジ スタンダード口座,ブレード口座ともに最大500倍
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄(FOREX,CFD) 通貨ペア63種,貴金属4種,エネルギー2種,株価指数9種
ボーナス ボーナスなし。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,Mastercard),国内銀行送金,海外電信送金(ワイヤー送金)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,Mastercard),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP),バヌアツ共和国金融庁(VFSC)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第3位

3位 AXIORY

海外FX比較ランキング3位AXIORY(アキシオリー)
口座タイプ スタンダード口座,ナノスプレッド口座(ECN)
プラットフォーム MT4,,cTrader, AxioryWebtrader他
レバレッジ スタンダード口座,ナノスプレッド口座ともに最大400倍
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア61種,コモディティ8種,貴金属4種,エネルギー2種,株価指数10種
ボーナス 基本的にはボーナスなし。過去にイベント・キャンペーン等により実施された経歴あり。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス ベリーズ国際金融サービス委員会 (IFSC)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第4位

4位 トレードビュー(Tradeview)

海外FX比較ランキング4位はTRADEVIEW(トレードビュー)
口座タイプ スタンダード口座,ILC口座(ECN)
プラットフォーム MT4,cTrader,Currenex
レバレッジ スタンダード最大400倍 ILC口座は最大200倍(デフォルトでは100倍設定、申請が必要。)
ロスカットレベル 維持率100%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア40種
ボーナス ボーナスなし。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,MasterCard,JCB),スティックペイ,エコペイズ,海外電信送金(ワイヤー送金)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,MasterCard,JCB),スティックペイ,エコペイズ,海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス CIMA(ケイマン諸島金融庁)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第5位

最近の投稿

FX

海外FXランキング|海外FX取引も様々ありますが…。

投稿日:

スワップポイントと申しますのは、ポジションを保った日数分与えてくれます。毎日既定の時間にポジションを有した状態だと、その時間にスワップポイントが付与されることになります。
レバレッジと申しますのは、FXに勤しむ中で常時使用されているシステムだとされますが、実際に投資に回せる資金以上の売買が行なえますから、僅かな額の証拠金で多額の利益を生むこともできなくはないのです。
海外FX取引も様々ありますが、一番多い取引スタイルだと思われるのが「デイトレード」なのです。1日というスパンで手にすることができる利益を手堅くものにするというのが、このトレードの進め方だと言えます。
こちらのサイトにおいて、スプレッドや手数料などを加えた合計コストにて海外FX会社をFX比較した一覧表を確認いただくことができます。言わずもがな、コストといわれるのは利益をダウンさせますので、手堅く調べることが肝心だと言えます。
スキャルピングについては、数秒から数十秒の値動きを利用するということが前提ですから、値動きが強いことと、売買する回数が相当な数になるはずですから、取引に必要な経費が小さい通貨ペアを扱うことが重要になります。

システムトレードでも、新規に「売り・買い」を入れる場合に、証拠金余力が最低証拠金の額より少ない場合は、新たにトレードすることは不可能となっています。
5000米ドルを買ってそのままになっている状態のことを、「5000米ドルの買いポジションを持っている」と言います。当然ながらドル高に進んだら、売り決済をして利益を得るべきです。
申し込みをする場合は、海外FX業者の専用ホームページの海外FX口座開設画面から15~20分ほどでできるようになっています。申込フォームへの入力を終えましたら、必要書類をメールなどを使用して送付し審査をしてもらうわけです。
スキャルピングの攻略法は幾つもありますが、押しなべてファンダメンタルズのことは一顧だにせずに、テクニカル指標のみを利用しているのです。
海外FX取引を進める中で耳にするスワップと称されているものは、外貨預金でも提示されている「金利」に近いものです。とは言ってもまったくもって異なる部分があり、この「金利」というのは「貰うだけでなく徴収されることもある」のです。

システムトレードと言われるのは、人間の胸の内であったり判断を敢えて無視するための海外FX手法になりますが、そのルールを企図するのは人間というわけですから、そのルールがその先もまかり通るということはあり得ないでしょう。
スワップポイントに関しては、「金利の差額」だと考えていただければと思いますが、本当に手にできるスワップポイントは、海外FX会社に支払うことになる手数料を差っ引いた額ということになります。
デモトレードを使うのは、概ね海外FXビビギナーだと言う方だと想定されますが、海外FXの達人と言われる人もちょくちょくデモトレードを活用することがあるのだそうです。例えば新たに考えだしたトレード手法のテストをするケースなどです。
買う時と売る時の価格にいくらかの差を設定するスプレッドは、FX会社はもとより銀行においても違う名称で取り入れられています。しかもびっくりするかもしれませんが、その手数料というのが海外FX会社の150~200倍というところが少なくありません。
スイングトレードを行なう場合、取引する画面に目を配っていない時などに、気付かないうちに大暴落などが発生した場合に対処できるように、予め対策を打っておきませんと、後悔してもし切れないことになるやもしれません。

-FX

Copyright© 海外FX人気優良業者 比較ランキング 2019年版 , 2019 All Rights Reserved.