海外FX人気優良業者 比較ランキング 2019年版

海外FX口座開設におススメの比較ランキング!海外FX優良業者はAXORY,TitanFX,XM,Land-FX,TradeView!億り人海外FX専業トレーダーが案内するこの5業社で決まり!信頼度と利用実績から見る海外FX人気業者ランキング。安心安全に利用出来る海外FXブローカー。

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第1位

1位 XMトレーディング(XMTRADING)

海外FX比較ランキング1位はXMTRADING(XMTRADING)

口座タイプ スタンダード口座,マイクロ口座,ZERO口座(ECN)
プラットフォーム MT4,MT5(WINDOWS,Mac,Android,iOS対応), MT4,MT5ウェブトレーダー
レバレッジ スタンダード,マイクロ口座は最大888倍 ZERO口座は最大500倍(※口座残高によるレバレッジ規制あり。残高2万ドル相当以上200倍,10万ドル相当以上100倍)
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア57種,コモディティ8種,貴金属4種,エネルギー5種,株価指数30種
ボーナス 口座開設ボーナス3000円,,入金ボーナス(500ドルに対して100%,4500ドルに対して20%,BITWALLET入金に対して2000ドルまで10%),トレード毎に貰えるXMP(※ZERO口座は口座開設ボーナス以外は対象外不適用。)
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,JCB)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,JCB),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス セーシェル金融庁

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第2位

2位 TitanFX

海外FXランキング2位TitanFX(タイタンFX)
口座タイプ スタンダード口座,ブレード口座(ECN)
プラットフォーム MT4(PC,Mac,Android,iOS対応),Titan FX Webトレーダー
レバレッジ スタンダード口座,ブレード口座ともに最大500倍
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄(FOREX,CFD) 通貨ペア63種,貴金属4種,エネルギー2種,株価指数9種
ボーナス ボーナスなし。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,Mastercard),国内銀行送金,海外電信送金(ワイヤー送金)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,Mastercard),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP),バヌアツ共和国金融庁(VFSC)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第3位

3位 AXIORY

海外FX比較ランキング3位AXIORY(アキシオリー)
口座タイプ スタンダード口座,ナノスプレッド口座(ECN)
プラットフォーム MT4,,cTrader, AxioryWebtrader他
レバレッジ スタンダード口座,ナノスプレッド口座ともに最大400倍
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア61種,コモディティ8種,貴金属4種,エネルギー2種,株価指数10種
ボーナス 基本的にはボーナスなし。過去にイベント・キャンペーン等により実施された経歴あり。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス ベリーズ国際金融サービス委員会 (IFSC)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第4位

4位 トレードビュー(Tradeview)

海外FX比較ランキング4位はTRADEVIEW(トレードビュー)
口座タイプ スタンダード口座,ILC口座(ECN)
プラットフォーム MT4,cTrader,Currenex
レバレッジ スタンダード最大400倍 ILC口座は最大200倍(デフォルトでは100倍設定、申請が必要。)
ロスカットレベル 維持率100%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア40種
ボーナス ボーナスなし。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,MasterCard,JCB),スティックペイ,エコペイズ,海外電信送金(ワイヤー送金)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,MasterCard,JCB),スティックペイ,エコペイズ,海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス CIMA(ケイマン諸島金融庁)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第5位

最近の投稿

FX

海外FXランキング|デイトレードとは…。

投稿日:

ご覧のホームページでは、手数料であるとかスプレッドなどをプラスした全コストで海外FX会社をランキングでした一覧を閲覧することができます。当然ですが、コストというのは収益を圧迫しますから、細心の注意を払って調査することが求められます。
デイトレードに取り組むと言っても、「毎日売買し収益を手にしよう」などという考え方はお勧めできません。強引なトレードをして、期待とは裏腹に資金をなくしてしまっては悔いばかりが残ります。
スプレッドと呼ばれているものは、海外FX会社によってバラバラな状態で、ユーザーが海外FXで収入を得るためには、いわゆる「買値と売値の差」が僅かである方が有利だと言えますから、この部分を前提条件として海外FX会社をセレクトすることが大事なのです。
「連日チャートに注目するなんてことは無理だ」、「為替に影響を齎す経済指標などをタイムリーに見ることができない」というような方でも、スイングトレードならまったく心配することはありません。
デイトレードを実践するにあたっては、どの通貨ペアで売買するかも非常に重要な課題です。基本事項として、値動きの激しい通貨ペアの売買をしないと、デイトレードで儲けを出すことは難しいと言わざるを得ません。

システムトレードにおいては、自動売買プログラムの設定によりテクニカルポイントが巡り来た時に、システムが必ず売買します。そうは言いましても、自動売買プログラム自体は使用者が選ばなくてはなりません。
海外FXにおけるポジションと言いますのは、必要最低限の証拠金を口座に送金して、円/米ドルなどの通貨ペアを買ったり売ったりすることを指すわけです。なお外貨預金にはポジションという概念はありません。
デイトレードとは、スキャルピングの売ったり買ったりする時間的なスパンをある程度長めにしたもので、概ね3~4時間程度から24時間以内にポジションをなくしてしまうトレードのことです。
テクニカル分析を実施するという時のやり方としては、大別するとふた通りあると言えます。チャートに転記された内容を「人の目で分析する」というものと、「パーソナルコンピューターが半強制的に分析する」というものです。
日本と比べると、海外の銀行の金利が高いということが理由で、スワップ金利が付与されることになっているのです。海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の差というものが、海外FXをする際に手にするスワップ金利というわけです。

海外FX取引もいろいろありますが、最も一般的な取引スタイルだとされるのが「デイトレード」になります。1日で確保できる利益を営々と押さえるというのが、このトレード手法です。
昨今のシステムトレードを見回しますと、他の人が考案した、「一定レベル以上の収益が出ている売買ロジック」を基に自動売買が可能となっているものが少なくないように思います。
システムトレードというのは、自動売買プログラムによる自動売買取引のことを指し、先にルールを決定しておき、それに則ってオートマチカルに「買いと売り」を継続するという取引になります。
スイングトレードで収益を手にするためには、そうなるだけの取り引きの進め方があるのですが、それにつきましてもスイングトレードの基本がわかっていることが前提です。一先ずスイングトレードの基本をものにしてください。
取り引きについては、すべてシステマティックに実行されるシステムトレードですが、システムの再検討は周期的に行なうことが必要不可欠で、そのためには相場観を培うことが求められます。

-FX

Copyright© 海外FX人気優良業者 比較ランキング 2019年版 , 2019 All Rights Reserved.