海外FX人気優良業者 比較ランキング 2019年版

海外FX口座開設におススメの比較ランキング!海外FX優良業者はAXORY,TitanFX,XM,Land-FX,TradeView!億り人海外FX専業トレーダーが案内するこの5業社で決まり!信頼度と利用実績から見る海外FX人気業者ランキング。安心安全に利用出来る海外FXブローカー。

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第1位

1位 XMトレーディング(XMTRADING)

海外FX比較ランキング1位はXMTRADING(XMTRADING)

口座タイプ スタンダード口座,マイクロ口座,ZERO口座(ECN)
プラットフォーム MT4,MT5(WINDOWS,Mac,Android,iOS対応), MT4,MT5ウェブトレーダー
レバレッジ スタンダード,マイクロ口座は最大888倍 ZERO口座は最大500倍(※口座残高によるレバレッジ規制あり。残高2万ドル相当以上200倍,10万ドル相当以上100倍)
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア57種,コモディティ8種,貴金属4種,エネルギー5種,株価指数30種
ボーナス 口座開設ボーナス3000円,,入金ボーナス(500ドルに対して100%,4500ドルに対して20%,BITWALLET入金に対して2000ドルまで10%),トレード毎に貰えるXMP(※ZERO口座は口座開設ボーナス以外は対象外不適用。)
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,JCB)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,JCB),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス セーシェル金融庁

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第2位

2位 TitanFX

海外FXランキング2位TitanFX(タイタンFX)
口座タイプ スタンダード口座,ブレード口座(ECN)
プラットフォーム MT4(PC,Mac,Android,iOS対応),Titan FX Webトレーダー
レバレッジ スタンダード口座,ブレード口座ともに最大500倍
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄(FOREX,CFD) 通貨ペア63種,貴金属4種,エネルギー2種,株価指数9種
ボーナス ボーナスなし。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,Mastercard),国内銀行送金,海外電信送金(ワイヤー送金)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,Mastercard),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP),バヌアツ共和国金融庁(VFSC)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第3位

3位 AXIORY

海外FX比較ランキング3位AXIORY(アキシオリー)
口座タイプ スタンダード口座,ナノスプレッド口座(ECN)
プラットフォーム MT4,,cTrader, AxioryWebtrader他
レバレッジ スタンダード口座,ナノスプレッド口座ともに最大400倍
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア61種,コモディティ8種,貴金属4種,エネルギー2種,株価指数10種
ボーナス 基本的にはボーナスなし。過去にイベント・キャンペーン等により実施された経歴あり。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス ベリーズ国際金融サービス委員会 (IFSC)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第4位

4位 トレードビュー(Tradeview)

海外FX比較ランキング4位はTRADEVIEW(トレードビュー)
口座タイプ スタンダード口座,ILC口座(ECN)
プラットフォーム MT4,cTrader,Currenex
レバレッジ スタンダード最大400倍 ILC口座は最大200倍(デフォルトでは100倍設定、申請が必要。)
ロスカットレベル 維持率100%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア40種
ボーナス ボーナスなし。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,MasterCard,JCB),スティックペイ,エコペイズ,海外電信送金(ワイヤー送金)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,MasterCard,JCB),スティックペイ,エコペイズ,海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス CIMA(ケイマン諸島金融庁)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第5位

最近の投稿

FX

海外FXランキング|日本の銀行と比べて…。

投稿日:

海外FX関連事項をリサーチしていくと、MT4(メタトレーダー4)という文言をいたるところで目にします。MT4と言いますのは、使用料なしで使用することができる海外FXソフトのことで、利用価値の高いチャートや自動売買機能が実装されている売買ツールです。
システムトレードだとしても、新たにトレードするという際に、証拠金余力が必要となる証拠金額以上ない時は、新たに売買することは不可能となっています。
システムトレードの一番の長所は、要らぬ感情をシャットアウトできる点だと考えます。裁量トレードの場合は、どのようにしても自分の感情がトレードを進める中で入ってしまうでしょう。
海外FX会社といいますのは、個々に特徴があり、優れた点やそうでもない点があったりするのが普通ですから、新参者状態の人は、「どういった海外FX業者で海外FX口座開設した方が賢明か?」などと悩んでしまうのではないかと推察します。
トレンドがはっきり出ている時間帯を見定めて、そのタイミングで買い(売り)を入れるのがトレードを行なう上での原則だとされます。デイトレードは当たり前として、「機を見る」「トレンドが定まらない時は静観する」というのは、どういったトレード方法を採ろうともとても大事なことです。

日本の銀行と比べて、海外の銀行金利の方が高いということから、スワップ金利が付与されることになっているのです。海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の差が、海外FXをすると付与されるスワップ金利です。
スプレッドと呼ばれるのは、トレードにおける「買値と売値の差額」のことを意味します。このスプレッドこそが海外FX会社に支払うことになる手数料であり、それぞれの海外FX会社で設定している数値が異なるのが普通です。
テクニカル分析というのは、相場の変遷をチャートの形で図示して、更にはそのチャートを基に、その先の相場の値動きを予想するという分析法です。これは、いつ取引すべきかの時期を知る時に役に立ちます。
トレードの1つの方法として、「値が上下どっちかの方向に動く短い時間に、僅かでもいいから利益をきちんと掴みとる」というのがスキャルピングというトレード法です。
海外FXを行なう際の個人専用のレバレッジ倍率は、少し前までは最高が50倍だったので、「今現在の最高25倍は決して高いとは言えない」と口にしている人が見受けられるのも当たり前と言えば当たり前ですが、25倍でも十二分な収益をあげることが可能です。

海外FX未経験者だとしたら、厳しいものがあると言えるテクニカル分析なのですが、チャートの動きを決定づけるパターンさえマスターしてしまえば、値動きの予想が非常に容易くなると保証します。
海外FX取引の中で耳にすることになるスワップと言われているものは、外貨預金でも与えられる「金利」だと考えていいでしょう。しかし完全に違う部分があり、この「金利」というのは「受け取るだけじゃなく支払うことだってある」のです。
レバレッジというものは、FXをやり進める中で常に使用されているシステムということになりますが、実際に投資に回せる資金以上の「売り・買い」をすることができますから、僅かな証拠金で貪欲に儲けることも望むことができます。
チャート調べる際に必要とされると言われているのが、テクニカル分析です。こちらのサイトの中で、様々あるテクニカル分析のやり方を1個ずつ具体的に解説しております。
5000米ドルを買って所有している状態のことを、「5000米ドルの買いポジションを持っている!」と言います。当然のことですがドル高に為替が変動した場合には、即行で売却して利益を確定させた方が賢明です。

-FX

Copyright© 海外FX人気優良業者 比較ランキング 2019年版 , 2019 All Rights Reserved.