海外FX人気優良業者 比較ランキング 2019年版

海外FX口座開設におススメの比較ランキング!海外FX優良業者はAXORY,TitanFX,XM,Land-FX,TradeView!億り人海外FX専業トレーダーが案内するこの5業社で決まり!信頼度と利用実績から見る海外FX人気業者ランキング。安心安全に利用出来る海外FXブローカー。

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第1位

1位 XMトレーディング(XMTRADING)

海外FX比較ランキング1位はXMTRADING(XMTRADING)

口座タイプ スタンダード口座,マイクロ口座,ZERO口座(ECN)
プラットフォーム MT4,MT5(WINDOWS,Mac,Android,iOS対応), MT4,MT5ウェブトレーダー
レバレッジ スタンダード,マイクロ口座は最大888倍 ZERO口座は最大500倍(※口座残高によるレバレッジ規制あり。残高2万ドル相当以上200倍,10万ドル相当以上100倍)
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア57種,コモディティ8種,貴金属4種,エネルギー5種,株価指数30種
ボーナス 口座開設ボーナス3000円,,入金ボーナス(500ドルに対して100%,4500ドルに対して20%,BITWALLET入金に対して2000ドルまで10%),トレード毎に貰えるXMP(※ZERO口座は口座開設ボーナス以外は対象外不適用。)
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,JCB)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,JCB),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス セーシェル金融庁

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第2位

2位 TitanFX

海外FXランキング2位TitanFX(タイタンFX)
口座タイプ スタンダード口座,ブレード口座(ECN)
プラットフォーム MT4(PC,Mac,Android,iOS対応),Titan FX Webトレーダー
レバレッジ スタンダード口座,ブレード口座ともに最大500倍
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄(FOREX,CFD) 通貨ペア63種,貴金属4種,エネルギー2種,株価指数9種
ボーナス ボーナスなし。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,Mastercard),国内銀行送金,海外電信送金(ワイヤー送金)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,Mastercard),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP),バヌアツ共和国金融庁(VFSC)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第3位

3位 AXIORY

海外FX比較ランキング3位AXIORY(アキシオリー)
口座タイプ スタンダード口座,ナノスプレッド口座(ECN)
プラットフォーム MT4,,cTrader, AxioryWebtrader他
レバレッジ スタンダード口座,ナノスプレッド口座ともに最大400倍
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア61種,コモディティ8種,貴金属4種,エネルギー2種,株価指数10種
ボーナス 基本的にはボーナスなし。過去にイベント・キャンペーン等により実施された経歴あり。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス ベリーズ国際金融サービス委員会 (IFSC)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第4位

4位 トレードビュー(Tradeview)

海外FX比較ランキング4位はTRADEVIEW(トレードビュー)
口座タイプ スタンダード口座,ILC口座(ECN)
プラットフォーム MT4,cTrader,Currenex
レバレッジ スタンダード最大400倍 ILC口座は最大200倍(デフォルトでは100倍設定、申請が必要。)
ロスカットレベル 維持率100%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア40種
ボーナス ボーナスなし。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,MasterCard,JCB),スティックペイ,エコペイズ,海外電信送金(ワイヤー送金)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,MasterCard,JCB),スティックペイ,エコペイズ,海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス CIMA(ケイマン諸島金融庁)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第5位

最近の投稿

FX

海外FXランキング|チャート検証する時に必要とされると言われているのが…。

投稿日:

我が国より海外の銀行の金利が高いというわけで、スワップ金利が貰えることになっているのです。海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の差が、海外FXを行なった時に貰うことになるスワップ金利というわけです。
トレードに関しましては、何もかも手間なく完了するシステムトレードですが、システムの適正化は周期的に行なうことが必要不可欠で、そのためには相場観を修養することが必要です。
海外FXに関しましては、「外貨を売る」という状態から取引を始めることも普通にありますが、このように外貨を持つことなく「外貨を売っただけの状態」のことも、「ポジションを持っている」と言われるのです。
海外FXの一番の魅力はレバレッジだと思っていますが、100パーセント腑に落ちた状態でレバレッジを掛けることにしませんと、正直言ってリスクを大きくするだけになると言っても過言ではありません。
スワップと言いますのは、売買の対象となる二種類の通貨の金利の開きにより手にできる利益のことを言います。金額にしたら決して大きくはないですが、日毎付与されることになっているので、結構有難い利益だと感じます。

スイングトレードと申しますのは、トレードする当日のトレンドが結果を決定づける短期売買と比べてみましても、「従来から相場がどういった値動きをしてきたか?」といった分析が結果を決定づけるトレード法だといっても過言ではありません。
海外FX会社をランキングでするという状況で大切なのは、取引条件ですね。海外FX会社によって「スワップ金利」等が異なりますから、個々人のトレードに対する考え方に合致する海外FX会社を、十分にランキングでした上で選択しましょう。
ご覧のホームページでは、スプレッドとか手数料などを勘定に入れた総コストで海外FX会社をランキングでした一覧を確認することができます。当然のことながら、コストというものは利益を下げることになりますので、きちっとチェックすることが肝心だと思います。
スワップポイントに関しましては、「金利の差額」だと考えていいのですが、本当に付与されるスワップポイントは、海外FX会社に徴収される手数料を減じた額となります。
システムトレードの一番のおすすめポイントは、不要な感情の入り込む余地がない点だと考えていいでしょう。裁量トレードの場合は、いくら頑張っても自分の感情がトレードを行なう際に入るはずです。

為替の動きを類推する為に欠かせないのが、ファンダメンタル分析とテクニカル分析ですが、より重要だとされているのは「チャートの変遷を分析して、極近い将来の為替変動を予想する」テクニカル分析の方だと断言します。
チャート検証する時に必要とされると言われているのが、テクニカル分析です。このページにて、多数ある分析方法を順番に徹底的に解説しています。
海外FX用語の1つでもあるポジションと申しますのは、担保的な役割をする証拠金を口座に送金して、ユーロ/円などの通貨ペアを売り買いすることを指します。余談ですが、外貨預金には「ポジション」というコンセプトはありません。
スプレッドと申しますのは、海外FX会社によってバラバラな状態で、プレイヤーが海外FXで収益をあげるためには、スプレッド幅が僅少であればあるほど有利になるわけですから、そこを踏まえて海外FX会社を選抜することが肝要になってきます。
MT4で機能する自動トレードソフト(EA)の考案者は色々な国に存在していて、ありのままの運用状況ないしは感想などを考慮しつつ、更なる使い勝手のよい自動売買ソフトの研究開発に精進しています。

-FX

Copyright© 海外FX人気優良業者 比較ランキング 2019年版 , 2019 All Rights Reserved.