海外FX人気優良業者 比較ランキング 2019年版

海外FX口座開設におススメの比較ランキング!海外FX優良業者はAXORY,TitanFX,XM,Land-FX,TradeView!億り人海外FX専業トレーダーが案内するこの5業社で決まり!信頼度と利用実績から見る海外FX人気業者ランキング。安心安全に利用出来る海外FXブローカー。

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第1位

1位 XMトレーディング(XMTRADING)

海外FX比較ランキング1位はXMTRADING(XMTRADING)

口座タイプ スタンダード口座,マイクロ口座,ZERO口座(ECN)
プラットフォーム MT4,MT5(WINDOWS,Mac,Android,iOS対応), MT4,MT5ウェブトレーダー
レバレッジ スタンダード,マイクロ口座は最大888倍 ZERO口座は最大500倍(※口座残高によるレバレッジ規制あり。残高2万ドル相当以上200倍,10万ドル相当以上100倍)
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア57種,コモディティ8種,貴金属4種,エネルギー5種,株価指数30種
ボーナス 口座開設ボーナス3000円,,入金ボーナス(500ドルに対して100%,4500ドルに対して20%,BITWALLET入金に対して2000ドルまで10%),トレード毎に貰えるXMP(※ZERO口座は口座開設ボーナス以外は対象外不適用。)
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,JCB)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,JCB),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス セーシェル金融庁

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第2位

2位 TitanFX

海外FXランキング2位TitanFX(タイタンFX)
口座タイプ スタンダード口座,ブレード口座(ECN)
プラットフォーム MT4(PC,Mac,Android,iOS対応),Titan FX Webトレーダー
レバレッジ スタンダード口座,ブレード口座ともに最大500倍
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄(FOREX,CFD) 通貨ペア63種,貴金属4種,エネルギー2種,株価指数9種
ボーナス ボーナスなし。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,Mastercard),国内銀行送金,海外電信送金(ワイヤー送金)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,Mastercard),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP),バヌアツ共和国金融庁(VFSC)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第3位

3位 AXIORY

海外FX比較ランキング3位AXIORY(アキシオリー)
口座タイプ スタンダード口座,ナノスプレッド口座(ECN)
プラットフォーム MT4,,cTrader, AxioryWebtrader他
レバレッジ スタンダード口座,ナノスプレッド口座ともに最大400倍
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア61種,コモディティ8種,貴金属4種,エネルギー2種,株価指数10種
ボーナス 基本的にはボーナスなし。過去にイベント・キャンペーン等により実施された経歴あり。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス ベリーズ国際金融サービス委員会 (IFSC)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第4位

4位 トレードビュー(Tradeview)

海外FX比較ランキング4位はTRADEVIEW(トレードビュー)
口座タイプ スタンダード口座,ILC口座(ECN)
プラットフォーム MT4,cTrader,Currenex
レバレッジ スタンダード最大400倍 ILC口座は最大200倍(デフォルトでは100倍設定、申請が必要。)
ロスカットレベル 維持率100%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア40種
ボーナス ボーナスなし。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,MasterCard,JCB),スティックペイ,エコペイズ,海外電信送金(ワイヤー送金)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,MasterCard,JCB),スティックペイ,エコペイズ,海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス CIMA(ケイマン諸島金融庁)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第5位

最近の投稿

FX

海外FXランキング|スプレッドと言われているのは…。

投稿日:

ここ最近は、いずれの海外FX会社も売買手数料が無しということになっていますが、同じようなものとしてスプレッドがあり、このスプレッドが現実上の海外FX会社の収益だと考えていいのです。
スキャルピングに関しては、短時間の値動きを捉える取引ですから、値動きがはっきりしていることと、「売り・買い」の回数が非常に多くなりますので、取引に掛かるコストが小さい通貨ペアを手がけることが大事になってきます。
海外FX口座開設の申し込み手続きを踏み、審査にパスしたら「ログイン用のIDとパスワード」が郵便を使って送り届けられるというのが一般的な流れですが、いくつかの海外FX会社は電話を使用して「内容確認」を行ないます。
海外FXをやっていく中で、外国で流通する通貨を日本円で買うと、それ相応のスワップポイントを獲得することができますが、高い金利設定の通貨で低い通貨を買うといった時は、お気付きの通りスワップポイントを徴収されるというわけです。
スワップポイントに関しましては、ポジションを保持した日数分与えられます。日々一定の時間にポジションを維持したままだと、そこでスワップポイントがプラスされるわけです。

チャートをチェックする際に必要とされると断言できるのが、テクニカル分析です。このウェブページでは、豊富にあるテクニカル分析手法を各々具体的に解説しておりますのでご参照ください。
スプレッドとは外貨を「売り買い」する時の価格差のことで、FX会社の実利になる売買手数料とも言えるものですが、海外FX会社各々が個別にスプレッド幅を導入しているのです。
テクニカル分析というのは、為替の変化をチャートという形で表して、更にはそのチャートを背景に、近い将来の相場の値動きを読み解くというものです。これは、いつ売買したらいいかを知る時に用いられます。
初回入金額と申しますのは、海外FX口座開設が終わった後に入金することになる最低必要金額のことなのです。最低金額の指定のない会社もありますが、最低100000円といった金額指定をしているところも存在します。
スプレッドと言われているのは、トレードを行なう際の「買値と売値の差」のことを指します。このスプレッドこそが海外FX会社に支払うことになる手数料であり、各海外FX会社によってその設定数値が違っています。

FX取引に関しては、あたかも「てこ」の様に低額の証拠金で、その何倍という取り引きが可能で、証拠金と現実の取り引き金額の倍率を「レバレッジ」と呼んでいるのです。
スキャルピングを行なうなら、少しの利幅でも欲張ることなく利益を手にするという考え方が肝心だと思います。「まだまだ高騰する等と考えることはしないこと」、「欲張る気持ちを捨てること」が重要です。
デイトレードに取り組む場合は、どの通貨ペアをセレクトするかも肝要になってきます。当然ですが、動きが見られる通貨ペアでなければ、デイトレードで儲けを生み出すことは困難だと断言します。
海外FXにおけるポジションと言いますのは、ある程度の証拠金を納入して、円/米ドルなどの通貨ペアを売り買いすることを指しています。なお外貨預金にはポジションという考え方は存在しておりません。
テクニカル分析をするという場合は、基本としてローソク足を時間ごとに並べたチャートを用います。パッと見容易ではなさそうですが、慣れて把握することができるようになると、手放せなくなるはずです。

-FX

Copyright© 海外FX人気優良業者 比較ランキング 2019年版 , 2019 All Rights Reserved.