海外FX人気優良業者 比較ランキング 2019年版

海外FX口座開設におススメの比較ランキング!海外FX優良業者はAXORY,TitanFX,XM,Land-FX,TradeView!億り人海外FX専業トレーダーが案内するこの5業社で決まり!信頼度と利用実績から見る海外FX人気業者ランキング。安心安全に利用出来る海外FXブローカー。

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第1位

1位 XMトレーディング(XMTRADING)

海外FX比較ランキング1位はXMTRADING(XMTRADING)

口座タイプ スタンダード口座,マイクロ口座,ZERO口座(ECN)
プラットフォーム MT4,MT5(WINDOWS,Mac,Android,iOS対応), MT4,MT5ウェブトレーダー
レバレッジ スタンダード,マイクロ口座は最大888倍 ZERO口座は最大500倍(※口座残高によるレバレッジ規制あり。残高2万ドル相当以上200倍,10万ドル相当以上100倍)
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア57種,コモディティ8種,貴金属4種,エネルギー5種,株価指数30種
ボーナス 口座開設ボーナス3000円,,入金ボーナス(500ドルに対して100%,4500ドルに対して20%,BITWALLET入金に対して2000ドルまで10%),トレード毎に貰えるXMP(※ZERO口座は口座開設ボーナス以外は対象外不適用。)
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,JCB)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,JCB),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス セーシェル金融庁

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第2位

2位 TitanFX

海外FXランキング2位TitanFX(タイタンFX)
口座タイプ スタンダード口座,ブレード口座(ECN)
プラットフォーム MT4(PC,Mac,Android,iOS対応),Titan FX Webトレーダー
レバレッジ スタンダード口座,ブレード口座ともに最大500倍
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄(FOREX,CFD) 通貨ペア63種,貴金属4種,エネルギー2種,株価指数9種
ボーナス ボーナスなし。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,Mastercard),国内銀行送金,海外電信送金(ワイヤー送金)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,Mastercard),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP),バヌアツ共和国金融庁(VFSC)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第3位

3位 AXIORY

海外FX比較ランキング3位AXIORY(アキシオリー)
口座タイプ スタンダード口座,ナノスプレッド口座(ECN)
プラットフォーム MT4,,cTrader, AxioryWebtrader他
レバレッジ スタンダード口座,ナノスプレッド口座ともに最大400倍
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア61種,コモディティ8種,貴金属4種,エネルギー2種,株価指数10種
ボーナス 基本的にはボーナスなし。過去にイベント・キャンペーン等により実施された経歴あり。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス ベリーズ国際金融サービス委員会 (IFSC)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第4位

4位 トレードビュー(Tradeview)

海外FX比較ランキング4位はTRADEVIEW(トレードビュー)
口座タイプ スタンダード口座,ILC口座(ECN)
プラットフォーム MT4,cTrader,Currenex
レバレッジ スタンダード最大400倍 ILC口座は最大200倍(デフォルトでは100倍設定、申請が必要。)
ロスカットレベル 維持率100%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア40種
ボーナス ボーナスなし。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,MasterCard,JCB),スティックペイ,エコペイズ,海外電信送金(ワイヤー送金)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,MasterCard,JCB),スティックペイ,エコペイズ,海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス CIMA(ケイマン諸島金融庁)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX業者 比較評判口コミ 口座開設ランキング 第5位

最近の投稿

FX

海外FXランキング|スプレッドと申しますのは外貨を「売り買い」する時の価格差のことで…。

投稿日:

海外FXをやる上での個人に対するレバレッジ倍率は、かつては最高が50倍だったことを思い起こせば、「現時点での最高25倍は大したことがない」と話す人が見受けられるのも理解できますが、25倍だと言いましても満足できる収益はあげられます。
スキャルピングという売買法は、どちらかと言うと予見しやすい中期~長期の世の中の変動などはスルーし、確率50%の戦いを即効で、かつ止めどなくやり続けるというようなものだと言っていいでしょう。
デイトレードの特徴と言いますと、一日の間に絶対条件として全ポジションを決済してしまうわけですから、結果が早いということだと思います。
スイングトレードに取り組む際の注意点として、PCの取引画面を開いていない時などに、急にビックリするような変動などが発生した場合に対応できるように、予め対策を打っておかないと、取り返しのつかないことになります。
レバレッジがあるために、証拠金が低額でもその額の何倍という「売り買い」ができ、たくさんの利益も期待できますが、それに付随するようにリスクも高くなるわけですから、よく考えてレバレッジ設定することが必要だと断言します。

「海外FX会社毎に準備しているサービスの中身を精査する時間がほとんどない」というような方も多いのではないでしょうか?こんな方に利用して頂こうと、それぞれが提供しているサービス内容で海外FX会社を海外FX比較ランキングで比較しております。
スプレッドと申しますのは外貨を「売り買い」する時の価格差のことで、FX会社の実利となる売買手数料とも解釈できるものですが、各社の方針に従って個別にスプレッド幅を設けています。
証拠金を納入してどこかの国の通貨を購入し、そのまま所有し続けていることを「ポジションを持つ」と言っています。その反対に、保有し続けている通貨を売却して手放すことを「ポジションの解消」と言っています。
海外FX会社を海外FX比較ランキングで比較するという時にいの一番に確かめてほしいのは、取引条件になります。海外FX会社個々に「スワップ金利」などが異なりますから、一人一人の取引スタイルに合致する海外FX会社を、細部に亘って海外FX比較ランキングで比較の上決めてください。
海外FX口座開設の申し込み手続きを済ませ、審査にパスすれば「ログイン用のIDとパスワード」が届けられるというのが一般的ですが、一握りの海外FX会社はTELを介して「リスク確認」を行なっているようです。

レバレッジと申しますのは、FXを行なう中で当たり前のごとく用いられるシステムだとされていますが、実際に投資に回せる資金以上の売買が可能ですから、低い額の証拠金で大きな利益を獲得することもできなくはないのです。
購入時と売却時の価格に一定差をつけるスプレッドは、FX会社ばかりじゃなく銀行でも別名で取り入れています。しかもびっくりすることに、その手数料たるや海外FX会社の180~200倍というところが稀ではないという現状です。
スイングトレードをすることにすれば、どれ程短い期間だとしても数日間、長ければ数か月という投資法になりますので、常日頃のニュースなどを踏まえて、数日から数ヶ月タームの世界的な経済情勢を類推しトレードできると言えます。
デモトレードをスタートする時は、FXに要される証拠金がデモ口座(仮想口座)に、指定した金額分仮想マネーとして入金されることになります。
スワップポイントと言いますのは、「金利の差額」だと説明可能ですが、現に獲得できるスワップポイントは、海外FX会社の儲けである手数料を減じた金額となります。

-FX

Copyright© 海外FX人気優良業者 比較ランキング 2019年版 , 2019 All Rights Reserved.